case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

2011,9,22 PM11

http://twitter.com/#!/kimotokanata/status/116403027291803648

異国迷路のクロワーゼ』のBDが欲しい。久々の所有欲。

テレビアニメはいろいろ観るし、「もう一度観たい」と思えるものも少なくない。
最近ではシュタゲやいろは、ピングドラムもおそらくそこに入るだろう。少し戻れば四畳半や空中ブランコバジリスク忍法帖攻殻鋼の錬金術師(FAでない)等々、遍歴はあまり長くない方だがそれなりに枚挙にはいとまがない。

だが、「手元に置いておきたい」と思うことは稀だ。
「もう一度観たければ借りればいい」と考えがちな貧乏性であることも多分にあるが、やたらめったら面白くても完成度が素晴らしくてもその貧乏性を乗り越えて所有欲を刺激してくれるものは滅多にない。そういうもののは、自分でも掴みかねているが、何らかの傾向を持つ一部の作品だけらしい。しかも、一応完成度や面白さも大事ではあるが、「もう一度観たい」と熱望するほどのものではなかったりする。というか今のところ、思い出せる限りでは、私の所有欲の眼鏡にかなったテレビアニメは、AIRこばとの二作品だけ。そこへ今回、クロワーゼが仲間入りした。

まあ、しかし買えない。経済的に無理である。

何らかの傾向というのは「癒し」なのかなとちょっと思ったり。ただ単純にほのぼのしているのではなく、結構苦しい状況ながら下を向かない、無理やりでも笑顔を絶やさない、力強い「癒し」を私は懐に忍ばせておきたいのだろうか。

しにバラとまほらばはもしかしたらここへ入っていたかもしれないと思わないでもない。もちろん、実物は話にならなかったが。

ちなみに、テレビアニメやOVAではないアニメ作品に対しては結構身軽だ。観直すのに時間がかからないし、買うにしても枚数が少なくて済むというのが原因ではないかと思う。


いけない。夜に書いていると長くなっていけない。


本日の読書。講談社フェンネル大陸偽王伝3 虚空の王者』高里椎奈

比較的低年齢層向けのファンタジーにしては、一巻から常に政治の話が上手く盛り込んであって面白い。関わる国が増えるにつれ、政治的なやり切れなさも増していく三巻。あいかわらずフェンは強い。

しかし案の定だが、地の文での視覚的な描写が薄っぺらくて状況が掴みづらいったら。
文脈による補完が基本中の基本という怖ろしい空白量。その文章で同節内時系列組み換えとかしてこられたらさすがについていけまへんで。
一文一文を見ると下手ではないのにね。部分的な表現では見習いたいくらい光るものもちょくちょくある。話も地道な感じで面白いし。だからもったいない。

それはともかく、フェンは毎巻毎巻よく捕まる子だ。縛られたり檻に入れられたり。
・・・・・・まあ、女性が書いてるし、中高生向けだろうしな。残念ながら魔王の煩悩はフル回転している。

「13歳の女の子監禁しといて何もしないなんて、
                  クドラさんあなた正気ですか!!?」

こんな輩がクロワーゼ欲しいなんてぼやいても誤解しか招くまい。クフフ…。