case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

2011,1,3 AM4

KOKIAの『大事なものは目蓋の裏』を最近初めて聞いたが、
まさにあれが象徴してくれるような作品を書いてみたい、
っつーか書きたいね。


DODAIR、ワンダ、その他のMADも見たけど、歌詞とも雰囲気とも一番マッチしてるのはまどマギだと思った。
あの花もかなりいいセンいけそうだがあの花自体をちゃんと見てないので。


鬱ストーリー/鬱展開は大好きである。

別にそのままバッドエンドへ落ち切るのも巻き返してのハッピーエンドもそこは出来次第でどちらもアリだが、とりあえず鬱に持っていくことで悔しさややり切れなさを読者に抱かせられたら最高だと思う。

そういう美しい、いや、「鬱苦しい」ものを書きたい。よし、書こう。

今年の抱負「時間と体力を効率よく使う」

アンアンのネタすらまだ錬り切れてないっていうか二日後にゼミを控えててしかも明日広島に帰る(只今帰省中)という現状がすでに抱負破綻しかけとるっていう。ていうかこんな時間にブログなんか書いてる時点で時間上手く使えてないっていう。はよ寝ろっていう。

まあゼミは間に合う気しないから半分諦めムードなんだが。

さすがに映画のレビューとか次の機会にしよう。『世界侵略:ロサンゼルス決戦』等を観た。