case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

2012,8,20 PM11【ミシン】

だから買ったった。

着々と、着々と前進している。どこかへ。

だが未開封。これから四日ほど地元へ帰るので試運転もしばらく後になるでしょう。

これもついさっき届いたのでおあずけ。

オオカミミミ!!ミミミ!!ミ!?

今月は趣味に金使いすぎた。月末の支払いが怖いです。

キュートミシン  817B

キュートミシン 817B

PNオオカミset ブラウン

PNオオカミset ブラウン

/膝小僧現る

ウーララドレスのりにちゃんのためにサンダルを買いました。

ご満悦。

ブレた…;;

膝の関節が行方不明なのはPNボディのアドバンスCタイプ。肌の出るとこを関節のないパーツに付け替えて綺麗に見せるっていうのはそもそもPNのコンセプトの一つだそうで。


ふつくしい…。

足首も固定。浮き出た骨がキュートすぎて生きるのがツライ。

若干いつものボディよりも白いのであまり健康的に見えないのが気にならないでもない。
りにちゃんは顔白い方だけど。

そのことよりも、関節がないのは確かに綺麗だがあんまりドールらしくないなあというのが感想というか面白い発見。丸い膝小僧と足首の凹凸は確かにいいものだが、固定されちゃってる/動かないというのがなんだかちょっと寂しい。生気がそこだけ感じられないのだろうか。言ってしまえばフィギュアのようだ。
なんというか、精巧につくられた関節が存在することによって、人間でもフィギュアでもない、ドールという一個の特殊な生命たらしめていたのではないかと思う。

小難しい話はともかくアドバンスCタイプの肩すぼめ上半身がまた可憐である。

同じくパーツ付け替えによるポージングの幅の広さもPNのコンセプト。
このポーズは女の子らしくて悦いぞ悦いぞ。(cv杉田

アマゾンのレビューにもあるが肘関節はこの角度で固定なので半袖より長いのは着せづらい。
このドレスみたく生地が薄いのならどうにかなる模様。

こんなポーズでおねだりされた日には!お父さん何でも買っちゃう!

なんというか、りに介にばかり死亡フラグを立ててもらってシェツゥにあまりかまえていないのが心苦しい。スケジュールの都合で髪も洗ってやれなかった。せめてもということで手製の椅子へ一番に座らせてポージング。

見ればわかるかと思うが爪楊枝だ!

むかし爪楊枝だけで作った街か何かのジオラマを見たことがあったので。まあ椅子ぐらいなら作れるかなと。


なかなかに不格好だが一応しっかりと座れる。4,50本くらい?
ちなみに使用した工具はボンド(速乾タイプ)、ニッパー、紙やすり。

着実に、着実に前進している。いずこかへ。

MykeeSurf ウェッジソールサンダル ブラック

MykeeSurf ウェッジソールサンダル ブラック

ピュアニーモアドバンス Cタイプ 肌色

ピュアニーモアドバンス Cタイプ 肌色