読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

2013,1,14 PM5


後輩んちのガハラさん。でもバサ姉にはスタプラさんも一緒になって怯んでそう。
後ろのティッシュは気にするな!


そっちの家に持っていった土産。カツオ生節セット。昭和天皇御買上賜。
今週米買って乗り込むかな。左端のは酒のつまみにしてしまった(笑)
燻製になった魚肉の旨味が今も口に広がる。思い出すだけでハラヘリ。

もいっちょ。

こっちはまだ開けてない。我が地元産の蔵出ししぼりたて。

赤霧島を頂いてまいりました。焼酎は悪酔いするからあんまり飲めないんだけど、あの独特の臭みもえぐみも薄く日本酒のように飲みやすかった。と言って飲み過ぎた気もあり、結局あたしゃ焼酎どんなペースで飲んだらいいかわかってないだけやないか?
日本酒の方はまた銘柄を忘れている。すっきりとして甘い、微発泡で面白い口当たりのいいお酒でした。自分のを保留にして人の土産に舌鼓打ってきたわけですね。いやカツオ供出したがな。

世間は成人式、成人の日だそうで、たかだか20年生きたくらいで「成人」だなんてちゃんちゃらおかしいわい、中身お子ちゃまばっかりやないかい、との嘆き喚きはまあさておいて、実際20年って人生のだいたい4分の1に過ぎないわけで、これから同じサイクルが3つも残っとるわけです。前途は長い。そういう意味では20年そこそこで浮かれてる場合じゃあないとは思いますよ、はい。むしろみんなこれから、人としての人生がようやく始まった、今まさに0歳児であると考えるべきでっしゃろ。

というアレであんまり素直に祝す気にはなれないねえ。一応お誕生おめでとうございますとは言えるかな。それほどくっきりした節目でもないのかもしれんけど……。

はい、私は祝日おいしいです。3連休ありがとうございます。ちょっとサボりすぎて予定の半分も終わってないけど、この連休なかったらいろいろ詰んでたんで助かってます。

そうそう、今朝は自分が覚えている限り初めて金縛りを体験しました。いやー完全に明晰夢か白昼夢の延長でしたね。最中は怖かったですけど思い返すと面白いです。夢の中では自分は目を覚ました、と思っていて、寝る時の記憶も仰向けになってる体の感覚もあるから目を覚ましていることに違和感がまったくない。だけど体の状態は実際の体の感覚に完全に従っているから、いくら動かそうとしても動かない。身じろぎくらいはするんでしょうけど、今度は肌に触れる服の感触から束縛感や布団の重みから何倍もの圧迫感を得る。感覚が過剰に鋭敏化していたものと思われます。おまけに声が出ない、というか口が上手く動かせない。これが一番呪術チックで空恐ろしかったです。実際は口に布団が入ってもごもごしていました。寝言言ってたかも。
思えば、目を開けているかいないかの区別もなかったようです。暗闇なんですがそれは目を開けて暗闇を見ているからだと思い込んでいて、薄闇の景色は想像がそのまま視覚にすり替わる。実際に意識して目を開くことで夢から覚めました。閉じてたんやん、みたいな。
上手いこと描写すれば小説内でも小ネタとして充分使えそうな体験でした。何より「体感覚の反映」と「過剰な鋭敏化」が立証されたのが面白い。今年の初夢は、結構信用している後輩から理不尽な言い分で「読みにくい読みにくい」と自作をこき下ろされる酷いものでしたから、今朝のこれで雪辱(笑)をですね。

タメが過ぎました。いいかげんにします。