読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

2013,2,28 AM6

フッハー、卒論フィニッシュ。5分前の話。

今さらあの駄目準教が何か言ってきても書き直してやらない。そもそもあんだけ機会棒に振っといて今さら校閲で教師ぶろうなんざちゃんちゃらおかしすぎてちょっと本気ではりまわしに行こうかと熱くなった。晩飯がワサビスープだったからだなあ。
というか文系の論文を理系の文法でやったらどうなるか、結局あの人はなんにもわかってなかったんだね。知ってたけど。

とりあえず3万5千字ぎっしりの文系論文を送って差し上げたが一晩でありえないくらい改稿してやったので体裁についてしかものが言えなくなる様子は目に浮かぶ。4万字届かなかったのでこちらとしては不服だが。いやそこのクオリティ重視するの本当はあほらしくてやってられないんだけど、性分が。

しかし実際文系だと4万字でもショボイ。いかにやる気がなかったかという。遅筆もある。やる気がない割に凝り性で。なんでヘッダーに章タイトル入れてんだよ、ばかなの?

あー、寝よ。起きたら校閲。どうせいつもの癖でまた5〜6割勝手に改稿すると思うのでせいぜいがんばってね偉い人。明日の提出のためにそのまま起きとくのもアリだわ。