読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

2013,3,15 PM11

仕事が欲しい。頭の中が文芸でいっぱいだ。

ただいま就活準備中。だが現実味もないせいかうわの空で一向に進まない。同時にちょっと里帰りもしている上にしょーもない卒論の評価がSだったから気が抜けているのはそのせいもあるだろうけど、何より創作に携わりたくてしょうがない。企業選ぶのめんどくせーという愚痴より何より先に創作のことが頭に浮かぶ。そんな理由で狂おしいのが情けないせいでさらに狂おしい。心がどっちつかずで何も手につかない。

これはアレか?とにかく一作仕上げられるまで就活スタートは見送るべきなのか?

帰宅に合わせて誰かお迎えしてしまえば現実逃避になるだろうなんて発想が頭をよぎるけれど、現実逃避でお迎えとか言語道断じゃないですか。そもそもそれはそれ、これはこれ。

いや、まあ、うん、結局一番やりたい仕事が一つしかないからなんだよね。興味ある職業ならいくつもあるけど、結局本命は決まり切ってるんだ。それは職業じゃないから、ってうまく折り合いを付けられるのが大人だろうとかも思うんだけど、それが簡単にできるほどぬるい気持ちだったらこんなにもやもやしないわけで。

肝心なのは思い切りなんだ。思い切りが肝心だ。まやかしか甘い罠かもしれないが時間というものを手に入れてはいる。思い切るとしたら一択だ。だから思い切るか思い切らないかの二択だ。ぐおおおお!!(悶絶)