読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

2013,8,19 AM5 【リンクモジュールと万年ホームパーティー】

昼夜逆転も板についてきたって?

笑止!

たとえ夜間に起きていようと

昼間はたらく以上のはたらきができていなければ

それは「ただ起きているだけ」にすぎない!

重要なのは生活。そう!

生きることそのものを夜実行できてこそ

真に胸を張って「昼夜逆転」と呼べるのであーる!


ナナツハチ!貴様の夜のはたらきは何だそれは!

全然なっていない!

昼のはたらきと比べてみろ!

昼の方が

断然なっていない!

常に眠い!

じゃあいいじゃねえか!!

ええい、ものども!ちゃぶ台をもていっ!!





ていうかまだ、

広島にいますよ。


8日の記事で書いたとおり体調崩して延期したんですけど、

それでも新しい予定は14日でしたよ、ええ。

夏風邪未遂で済みましたもの。


それがさる14日、

地元まで行く高速バスに乗るために一旦広島市へ行くんですけどね、

乗り換えの25分前までに着くバスに乗って市内に向かう予定だったんですけどね、

そのバスが30分発車遅れ、

しかもやたら停まり、

バスの車内でこっそりバス会社にお電話をし、

遅れたのはバスのせいなのになんで自分がこんなこそこそしなきゃいけないんだと釈然としなかったのなんのって



……いや、乗るなよ、自分(・x・`;)



いやー、お盆なめてたわー。

市内までの道が混んでなければギリギリ乗り換えに間に合うんじゃねえかとか、

そもそも乗り過ごしたら一発アウトなバスで乗り換え場所まで行こうとか、

暑いからって

ものぐさはあきまへんな。


その後市内で予定通り降りた後は下宿までとんぼ帰り。

高速バス内でぐっすり眠るつもりで組んだスケジュールのため市内で遊ぶ元気はなく、

しかもなんだかどっと疲れて翌日のバスでは帰らず、

翌々日以降はお盆ラッシュでバスに席はなく、

本日はなんとなく、


というわけで明日帰ります。明日。かようび。



脈絡に別れを告げぇ〜、

お別れ会にも呼ばずぅ〜、

そもそも開かずぅ〜、

サイドバーに「リンク」の項目を追加してみました>▿<♪


参考にさせていただいたのはこちら↓のサイト。

サイドバーに項目追加 はてなリンク集モジュールはモドキ - (有)掛軸裏スキマ産業



早速以前からリンクを張ってくれていたりいなかったりする知り合いのサイトを貼る。

大学同期のお二人。


◆ コウ君こと局長氏のブログ(はてなブログ)『マトリョーシカ的日常


◆ 木本仮名太氏のブログ(はてなダイアリー)『』


局長氏は意欲的ブロガー。

ホッテントリ入り目指して頻繁に更新している。

書評記事が中心だがプログラムなども積極的に書いている。

独特のセンスでハマると抜けられない。のんびりかつホット。


木本氏は非意欲的ブロガーでどちらかと言えばツイッタラーだが、拙作に感想をくれたりする。

最新エントリ「」ではうちのサークル冊子を対象に感想を書いてくださった(拙作にも)。

ていうか文章がべらぼうに上手い。まっとうな雑誌記事のレベル。



昨今ではそりゃあツイッターSNSが便利でございまして、

知らない人のサイトを無断でリンクに放り込むのはご法度にせよ、

親睦のある人でブログやサイトを持っているという人はなかなかいない。

フェイスブックにすら短い日記をつける機能はあるし、

アフィもやっていない自分がブログをやっている意味とか考えないでもない。


まあ自分の場合は、

ネット上に自分のプライベート空間が欲しいってだけといえば、そうなるかな。

全体意識や、その中での自意識が強いから、っていうのもある。

人が見ていると思うと発言に気を使うし、

特に、見せて相手に益のないものについては、躊躇する。

少なくともツイッターなどは

〝相手のパソコンの画面やスマホに強制的に自分の発進したものを映し出すツール

として強く意識してしまう。


要は、このブログにおっぱいの画像を載せたとして、

運悪く見てしまった人は、

堪能しても逃げ帰るのも自由で、自己責任だけど、

ツイッターに同じ画像を流したら、

通報されても文句は言えないってこと。

法や倫理的にどうとかは知らないけど、

そういう意識で自分は、各ツール取り扱っている、というお話。


いや実際載せませんよ、エロい画像は。

このブログはせいぜいPG-12です。

テッドがあれでR-15だから、あんまり下ネタがひどいとアメリカでは規制されるかも(笑)



いつかツイッターのどこかでみかけたつぶやきだけれど、

ツイッターは〝雑踏〟という感じもかなり強い。

その中で流れていく自分と、
流れていかない自分

というメリハリがネットの領域でも欲しいからブログをやってる、

というのもあるんだろう。

たとえ彼女ができてもこのワンルームで同棲は無理。的な。ちょっと違うか。



流れていくのは厳密には自分の〝記憶〟あるいは〝記録〟。

ショウニンヨッキュウと似ているけれど、

それがなされなくても「されうる状態」であれば満足できる人なので、

というか、

「されうる状態」でありはしないと不安、というか、





おやおや、特に意味もなくディープそうな話になってきたぞ?


ぼんやりした頭でこんなことを書いてるからだろう。


人間はやっぱり昼の生き物なので、真の昼夜逆転は難しいのですな。




ただとりあえず、

このブログは自分の空間、自分の部屋みたいに、

自分にとって居心地がいいものを、

というのはたいてい、

だらけすぎて薄っぺらい感じになるのでナシの方向で(^_^;)

改めて、ここは

自分にとって、後から読んでも面白おかしい空間にしていこう

と、考えております。


万年オープンなホームパーティをしているようなのが一番面白おかしいとも思うのですが、

そういうのは、上手くはないもんで(;´皿`)

趣味なんて深く考えないのが一番ね。まったりいきます。


snap!

なんとなく今回は、

この記事だけ見るとブログ詐欺っぽくなるような仕様で書いてみました。

特に意味は

ない。