case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

その船長、着任。(モーパイ加藤茉莉香 劇場版フィギュア)

f:id:nanatsuhachi:20141006234944j:plain

漁船に!() *1

 

召喚してしまいました。ていうか結局予約していました!

モーレツ宇宙海賊から、加藤茉莉香・劇場版バージョン!夏頃からずっと待ってて先日ようやくうちにも来てくれました。ついに!

 

いやはや、いろいろと趣味の浅い中でもフィギュアは完全に門外漢なんですが、やっぱり実物を間近で見るとすごいですね、いろいろと。なんかもうこんな月並みなことしか言えないし撮影もへたくそなんですが、とにかく今日は撮って出しの写真をペタペタしていきながら我が家の宇宙海賊船長を紹介していきます。

ドールと映画以外の記事も久々ですね。

 

まずは全体像。

f:id:nanatsuhachi:20141006234943j:plain

全台座に座らせて高さ20センチくらい。コートとマントのボリュームがパないので見た目よりもでかく感じます。置く場所考えてなかった…。

 

バストアップ。

f:id:nanatsuhachi:20141006234951j:plain

船長コスの造形も概ねいい感じ。マミさんの仕事かしら?

f:id:nanatsuhachi:20141006234950j:plain

カッコカワイイ我らの船長。パッチリおめめに凛々しい眉毛と口元も健在。

 

ハイアングル。

f:id:nanatsuhachi:20141006234945j:plain

漁船!(二回目)

f:id:nanatsuhachi:20141006234946j:plain

スマホカメラなんでひずみはご容赦。

うーん、コートの広がりがステキですわ。そうだよね、やっぱはためかなきゃダメだってダンテの兄ちゃんも言ってたし。

 

約束されたローアングル。

f:id:nanatsuhachi:20141006234947j:plain

 

f:id:nanatsuhachi:20141006234948j:plain

 

f:id:nanatsuhachi:20141006234949j:plain

パァァァァァァァァァァァフェクトだ、ウォルター。

もはや何も言うことはない。ちなみにアニメとほとんど同じ鉄壁スカートぶりですが、中が埋まってるなんてことはないので船員の方々は安心してください。純白です。

 

さっきからチラチラしてる海賊帽。

f:id:nanatsuhachi:20141006234952j:plain

これはこれだけで飾っててもわりとかっこいいです。コートもそうですが、赤というより暗めのワインレッドなのがステキ!

帽子置きに使ってるのは、本来はマントの支柱。なのにマントにあてがうと微妙に高すぎて台座の足が浮くんですよね。

 

ただ、支柱は夏場のマント垂れ下がり対策かと思いきや、この撮影中にもう軽く垂れてきてたので、やっぱり支柱はマントに当てといた方がいいみたいです。しばらく当てとくとマントの方が上がって台座の高さともなじんできました。ていうかマント重すぎ…。

 

というわけで帽子キャストオン。アホ毛ははずせます。

f:id:nanatsuhachi:20141006234956j:plain

漁船!(三回目)

アニメ版は飾り紐が赤で髪と混ざってあまり目立ってませんでしたが、劇場版は緑なので差し色っぽくて粋です。ますます海賊離れしていくな…。

f:id:nanatsuhachi:20141006234953j:plain

 

f:id:nanatsuhachi:20141006234957j:plain

うん、やっぱマントおっきい。アルティメットまどかに迫る勢いだもの。

アルティメット茉莉香……それは勝てる気がしないわ。ピンクは最強の系譜

 

f:id:nanatsuhachi:20141006234954j:plain

だが漁船だ(しつこい)

f:id:nanatsuhachi:20141006234955j:plain

ライト暗いよ!なにやってんの!

最初からうつむき気味なところへ大きめの帽子をかぶるもんですから、ディスプレイはちょっと工夫がいりそうです。正面から照らせれば楽なんですが。

 

とまあ、巻いていきましたがだいたいこんな感じでした。足以外右から撮るの忘れてたなとか思いつつ、とりあえず初心者の僕は大満足です。

 

ていうかどのくらい僕が初心者かといえば、実はフィギュアと呼べるものを手に入れたのはこのキャプテン茉莉香が人生で2回目なのですよ。しかも、初めてから優に6年ぶりくらい。また、最初のフィギュアはいろいろと特別な思い入れがあって買い求めたものなので、こういう趣味や娯楽の範疇からはそもそもちょっと外れます。

いや、だからといって普段は見向きもしてこなかったわけじゃありませんが、今までたいていはネットで画像を見るだけで満足してたんですよ。現在に至ってはすでにドール者ですからね。フィギュア買うお金があったら娘の服や小物に流れるのが当たり前です。

そんな自分がそんな今において、茉莉香船長を手元に置こうと思ったのは自分でもかなり不思議。500円くらいでどうにかなった劇場版の特典とはわけが違う。

グッズ系の所有欲の湧きそうな作品なら他にもあるんですけどねえ、「花咲くいろは」とか「こばと。」とか「クロワーゼ」とか。知名度の問題でまともなフィギュアが出ていない場合も多いですけど、出てたら買うかというと、ウーン、です。

この茉莉香船長フィギュアの出来に感動してこの趣味に走りそうな気配も全くありませんし。ほんと、いったいモーパイに限って何をそこまで気に入ったんでしょうか。我がことながら非常に不可解です。

 

と、なんかよくわからない身の上話が始まりかけているので、今日はここまでにしておきます。

最後にもう一枚だけ。やっぱりwith漁船でしめましょう(笑)

f:id:nanatsuhachi:20141006234958j:plain

たぶん大漁!

 

劇場版 「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」 加藤茉莉香

劇場版 「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」 加藤茉莉香

 

 

*1:背景:吉村和敏『PASTORAL』日本カメラ社