case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

2014,1,5 PM12 【前哨戦】

記事タイトルに入れる西暦をどうしても一回2013と打っちゃいます。

ちなみに、タイトルの上に日付が出るのにいちいち自分で振ってるのは、記事タイトルに気合いを入れない=書き出しから力まない、ようにするためだったような気がします。
今は完全に惰性と習慣。えへへ。

Model photography 'Winter vacation'

今ゆねっちがなんとなく一番かわいく思えるので、
今月はそのまま四女強化月間で行きます☆

なんて(^_^;)

ホントは今日、五女と揃ってお迎え記念日なのですが、
ちょっとぼくの手違いでプレゼントの手配が遅れておりまして……

代わりと言っては何ですが、今日はとりあえず普通にスナップです。
五女はクリスマスにちょっと優遇した分で許してもらいました。


Model photography 'Winter vacation'

クリスマスのときと同じポーズ。衣装も髪型もそのまま。

め、めんどくさかったんじゃないもん!マジで気に入ってるんだもんっ!

Model photography 'Winter vacation'

そーなのかー。

背景は、新しく買ってきたベルンハルトさんの『新たなる道へ』(ピエブックス)より。
出版は2011年ですが、一応新刊。

rest :)

正月からずっと腕上げっぱなしだったのでひとやすみ。

手軽にセットできる中ではこの「両サイドの髪を少しずつ取って後ろでまとめる」髪型がかなり好きなんですが、何て呼んだらいいんでしょう?
三つ編みにしてからまとめるのもいいですよね。

with Katsuo Ningen

マドンナ・オーディションはいただきだ!

カツオ人間のぬいぐるみストラップ。金具も外してちょうどいいサイズ。
あれば絶対欲しいと思っていましたが、ドンピシャリでしたね。

リンク:『カツオ人間マドンナ・オーディション』とは?

いやー、カツオ人間ホントに大好きなのです(´x`*)

地元びいきとかごっそり差し引いても好きですね。
巷に増えすぎたゆるキャラたちなんて一山いくら程度にしか考えてないぼくの目にも異彩を放って見えるんですから、相当絶妙なセンスですよ(ふなっしーやくまもんはさすがにSランクの殿堂入りです)。同じように「まんまやんけ!」みたいなキャラはたくさんいますが、ひとしきり笑った後は忘れ去るのがぼくのような大量消費世代の現実だろうなと思っています。しかしカツオ人間だけは違った!

と、こんなところで熱く語るのはよしましょう。
勢い余って写真集まで買っちゃったくらいですが、言葉は尽くさず静かに応援し続けます。それがぼくのやり方。

記事もこのへんで。ちなみに海の背景は鍵井靖章さんの『海中散歩』(ピエブックス)でした。

明日には二人のプレゼントも届くかなあ。

with Katsuo Ningen

Q. カツオ人間がプレゼントでもよくない?

A. パパのだからダメ。