読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

2014,1,16 AM1 【四女と五女のお迎え記念日】

問) キリスト教と関係の深い古代ローマ皇帝の組み合わせとして正しいものは次の1〜4のうちどれか。

1.ネロ ディクレオティヌス コンスタンティアヌス テオドシウス

2.ネロ ディオクレティアヌス コンスタンティヌス テオドシウス

3.ネロ ディオレクティアヌス コンスタンティノス テオドシアヌス

4.ネロ ディオクレティシウス コンスタンティヌス テオドシアヌス


▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわあああああああああ


First anniversary gift (Jan. 5, 2014)

にょきっ、と。

アンティーク仕様な二眼レフカメラ。

とりわけゆねっちに写真趣味というイメージがあったというわけでもなかったのですが、
二眼レフの外連味というかマニアック性も含めてなんとなくハマるような気がしたので、

お迎え一周年記念の贈りものに決めました('ω')


諸事情により遅れてしまいましたが、
正式には今月5日がアニバーサリー。

この四女のお迎え記念日でもあり、そして同時に五女のお迎え記念日でもございました。


First anniversary gift (Jan. 5, 2014)

ありがとう、一周年。

らっちゃんには楽器!しかもバイオリン!(しかも)

元気100倍なうちの五女のイメージだと弦楽器ならエレキギターなのですが、
あえてのバイオリン。ギャップ効果狙い。

ええ、見込み通り、ドハマりしてますとも。ぼくの妄想の中では。
自動的に加算される天才属性。器の違い……!

First anniversary gift (Jan. 5, 2014)

今回も雑貨屋カプリチオさんのネット通販にお世話になりました。
商品ごとに1/6ドール(えっくすきゅーと)とのサイズ比較を説明してくれているとても奇特でうれしいお店。
品揃えも豊富で、なにより店長がかわいい。商品説明に辛口評価載せちゃう正直者店長めっちゃかわいい。大好きです。

とはいえそもそも流通量の少ない商品を取り扱っているので、
このバイオリンもなんやかんやで最後の在庫でした。間に合ってよかった!

Rise of the curtain

舞台挨拶風写真。タラ〜♪

お迎え記念日なのでゆねっち共々デフォルト衣装。

ただしラズ子はLボディのままちょっと頑張ってみました。
一応着られましたが背中がギリギリ。
主にアレが、おぱーいがアレで。
いやたぶんカップは変わってないんですが。アンダーの差ですかね。

また前髪を切ってから初めての袖通しでもあります。
ちゃんと似合いますよね?
なんやかんやで、その姿に惚れたわけですから、やっぱりデフォのコーデが一番かわいいんです。

Model photography 'Funny player'

演奏に飽きてきたラズ子。
おちゃめポーズでパシャリ。

もう1枚!

Model photography 'Funny player'


First anniversary (Jan. 5, 2014)

ゆね「いいねぇー。もうイチマイいってみよーかー」

五女の写真ばっかりの真相(笑)

まあゆねっちはそういう子です。いつも余裕ぶってますが、真ん中に置かれてちやほやされる主役の立場は苦手。そそくさと立役者に回って、横槍や合いの手をささやかに入れていく方が性に合ってるそうで。

そういう子を、
逃れようのないちやほや地獄に放り込んで
らしくなくアワついている様子を
見たくない、なんて
おかしいと思いませんか?あなた。

今回はらっちゃんが目立ったのと、ぼく自身が忙しかったのとで機を逃しました。ていうか逃げられました。
無念でしたが来年こそは……!

そう、来年。

2014年に入ってから最初のアニバーサリーでもありました。
プレゼントくらいでこぢんまりと終わってしまったのが少々心残りではありますが、一方で十二分に愉しんだような感慨もあって、この二人なら喜んでくれていただろうという、ちょっと甘えた確信もあります。

また来年も同じように、いや、今年よりは盛大に、今度は他の姉妹も参加して、もっとしっかり二人のお祝いができればいいな、と思います。

First anniversary gift (Jan. 5, 2014)

しかし、フォトグラファー☆ゆね、なんだか様になってます(笑)

おっきいカメラ抱えてる女の子。いいですよね。
デフォ衣装は森ガールっぽくてちょっとアウトドア感ありますし。
同じくデフォのセットにあるバッグもたすきがけで提げてもらえばより様になってたかも。

First anniversary gift (Jan. 5, 2014)

このアングルが好き。

ちょうどお迎え記念日のあるこの時期に、自分の中でどういうわけかゆねっちの株が上がりまくってるんですよね。

初撮りかいつかのときも書きましたが、三女まではお迎えすることが初めから決まっていたようなもので、本当の意味で姉妹が“増え始めた”と言えるのがこの四女・五女からなのです。この二人が自分のドールライフの命運を分けたと言っても過言ではありません。

そういう意味でちょっと特別なふたりのことが、今でも充分かわいいと思うどころか、お迎えした当初と同じかむしろそれ以上にいいと思えるというのは、とても幸福なことであり、重要なことだとも思うのですよ。


で、やっぱりゆねっちが可愛いので今月の残り半分は彼女のための強化月間です。
日中が忙しくなって夜更かしもあまりできないので更新も減るとは思いますが、
適当に暇を見つけてブロンド美少女のファッションショーとしゃれ込むと致しましょう。

PicsArt edit 『Travel emotions』

Travel emotions


写真1枚目背景:菊池茂夫『のらねこ画報』オークラ出版
他背景:小林伸一郎『最終工場』マガジンハウス