読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

2014,1,26 PM6 【100th for PicsArt】

PicsArt Edited, titled "Emerald"

Emerald

ぼちぼちと気まぐれに投稿し続けていたPicsArtですが、この『Emerald』でついに100枚目となりました。

特に記念!とか思うほど気合いの入った趣味ではないのですが、何でも区切りのつくところでは特別なことをしたくなる性分……というかそれが人情でしょうね。

PicsArtへの初投稿作である『practice』(今ここの壁紙になってるやつです)を踏襲し、
『Emerald』ではPaperエフェクトのStenciler8と、それから初期に多用していたPastelを組み合わせてベースに使っています。
他にもHalfoneDotsやSmartBlurなど、慣れてきてからは敬遠気味でしたが初期には多用していたというエフェクトを積極的に盛り込むようにしてみました。全体的には比較的シンプルにまとまっています。

  • レシピ

Stenciler8(olive_green)+Pastel+HalfoneDots+HDR1+Hue+CrossProcess2(mode2)+
WarmColor+Mask/Texture7+Mask/Border12+Mask/Artistic17+Mask/Light17+SmartBlur
(記載順に使用。詳細値および途中の彩度等微調節割愛)

しかしまあだいたい半年強ですか。

携帯で動画は見ない+ゲームはしないを貫いてきましたし、今のところPicsArt以上に使い勝手のいい加工アプリは見つけていないとはいえ、ずいぶん飽きもせず続けてきたものです。いいねが調子よくもらえるわけでもないですし、Flickrに至っては明らかに未加工写真の方がウケがいいですからね。それはもちろん素のままのうちの娘たちがめちゃんこぷりt(親バキャンセル

エフェクトの重ねがけばっかりだから凝ってないと言われれば凝ってない。そのくらいの気合いだからかもしれません。もしもうちょっと色気づいてきたら海外サイトではなくPixivあたりへ鞍替えしてみてもいいですが(笑)

PicsArt Edited, titled "Kochi Prefectural Museum of Art"

Kochi Prefectural Museum of Art

ちなみに99枚目(☝)
昨日の県立美術館の玄関を撮ったやつが元です。
さして頑張っていませんが、Black&White Crossというエフェクトを初めて使いました。
Black&White Vintageと同じくコントラスト上がりすぎるのは難点ですが、その分陰影によるグラデーションなんかははっきり表現してくれるようです。

PicsArt Edited, titled "Kochi Prefectural Museum of Art"

Smoking seat

98枚目。
行きつけの喫茶店にある間接照明の意匠を撮ったものが元です。
ちょうど喫煙席だったので、色調を二回変えてその間にマスクのArtstic6を挟んでみました。炎のようなエフェクトなのですが、煙に見えればいいな。

ちなみにぼくは生まれてからずっと非喫煙者です。けれど嫌煙家でもスモークヘイト支持者でもありません。写真撮った日は偶然混んでたので。

PicsArt Edited, titled "Collective unconscious"

Collective unconscious

97枚目。
CartoonizerとStenciler5で板壁の落書き風?
隠し味はFatal1。
似たような趣向は初期の頃から出していましたが、Cartoonizerは最近のお気に入りです。

PicsArt Edited, titled "quartz"

quartz

少し飛んで92枚目。
Bokeh系のマスクをOverlayやLightスタイルで盛りに盛ってからのFatal1。
マスクを組み合わせていく過程もパズルみたいで楽しいですし、本来はこう“見づらい”くらいの方が自分としては好きなのです。

何事もなかったかのようにだらだらと貼り続けていますが、あと二枚だけ。

PicsArt Edited, titled "4 colors & fatal (original)"

4 colors & fatal (original)

また少し飛んで85枚目。
趣味の悪いタイルはPopArt+PopArt2の順で使いながら範囲エフェクト消去(Focalってやつです)の四角い方を利用して作りました。
Fatal1はやりすぎだったかとか色彩のせいかなとかいろいろ考えましたが、結局どういじってもタイル張りって悪趣味になりがちなんですね。これは課題です。

PicsArt Edited, titled "Soloist"

Soloist

最後は戻って96枚目。
基本はHolga1にComicを組み合わせています。そして珍しくOrton使用。
お手軽ポップアートエフェクトとしてHolga1は常にお気に入りです。その分ワンパターンになりがちなので乱発はしませんが。


なんだかんだでどうやらたかが100枚ですね。
色調の傾向とか見直してみましたが、まだどんな趣向も有意差が出るような数に至っておりません。
まあ所詮は暇つぶしですし、傾向がわかったからどうするということもないのですが。


それはそうと、PicsArtで検索してうちへ来てくれる人で、画像の周りにぼかしを入れる方法を知りたい人がいるようです。

FxエフェクトのSmartBlurかSoftenをかけながら円形のFocalを選べば簡単にできるはずなのですが、Focalのある場所が分かりにくいんでしょうか。
画面上部にある筆マークの隣です。


↑エフェクト設定中にスクショの赤マル部分をタッチすると、編集中の画像の上に円形の枠が出てきます。
このとき枠の内側にだけSoftenエフェクトがかかっていません。

2月くらいの仕様調整で、「Soften」の名称が「Blur」に変わったようです。中身は全く同じものでした。(3月10日追記)

あとはこの丸い枠を動かして焦点に合わせ、「適用」か右上のレ点をタッチして確定。
またその前に、「エッジのぼかし」を調節すれば焦点に向かってエフェクトの消え具合をグラデーションさせられます。だいたい20〜30ぐらいで調節すればそれっぽくなるでしょう。

このFocal=範囲内エフェクト消去は他のどのエフェクトでも同じように使えます。たとえばArtisticエフェクトのOilみたいに、元の画像が潰れてしまうほどクセの強いエフェクトなどと組み合わせると面白いですよ。

  • CylinderMirror(Distort)に円Focalを使った例 (titled "Loophole of Katsuo <3")

Loophole of Katsuo <3

  • Stenciler3(Paper)に円Focalを使った例 (titled, "Zoom")

Zoom

最後にまた貼ることになりましたが、例えばこんな感じです。

ただ、Distort系の中にはFishEyeやSwirledなど、いくつかFocalが使えないエフェクトもあるようですね。そういうのはプログラミングの限界でしょうからご愛嬌。

また、複雑なことをせずに写真の縁をぼかしたいということなら、PixlrExpressやcameranといった他のアプリがおすすめです。探してみてください。