読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

4月21日【Flickr近況(PicsArtも)】

渾身。

Like Lapis Lazuli
*1
あ、いや、懇親。
どっちでも間違ってはいません。

フリッカーで外人さんとコメント交換するのが楽しいです。WeblioさんとGoogle翻訳さんに常時しがみつきまくりですが。このなんちゃってグローバリズムぶりっ(=∀=;)
わざと文法雑にして気取ったりなんかもしちゃってますよ。無駄にスラング入れたり。褒められたら全部“thx! 8>”って完全アホの子じゃ…。


Lullaby(2)

渾身の懇親。

髪で片目を隠したり影を工夫したりすると書き目の子でも流し目っぽく見えなくもないにできなくもないです。
イザナミだ(錯覚です)。

写真そのものが純粋にハイレベルすぎて全体的にどうなってんだコレな人の写真(写真が幻想的すぎて意味が分からないのとか、ドールが飛んだり跳ねたり泳いだりしてて意味がわからないのとか)は超人か妖怪かを見るような目で見てますが(失敬)、個人的にはキャプション芸(というかタイトル芸)で笑わせに来てくれるような人にも憧れます。
そういう人のドール写真は、これはこれでドールに魂入ってるなって感じがするんです。

愛しているというよりももうちょっと気さくな“可愛がってる”という、人間の方の豊かな感じが伝わってくる写真。
ウィッグからアイからすべてこの人のとまったく同じドールをお迎えしても“この子”はお迎えできないんだ、というのをまざまざと思い知れる瞬間。
ステキな変態(台無し)

某戦闘妖精さんとかが僕の中でそんな感じです。オルにゃんで毎度笑っちゃって悔しんだけどかわいいから困るっていう(笑)

僕のは、まあ腕前の話を一旦抜きにしますが、いつまでたっても“モデル”って感じですからね。
もっとこう、「どこでもいっしょだぜ」「いっしょにごはん食べてるぜ!」みたいな変態性が欲しい(※一緒に写りたいわけではない)。

しかし現状は床が写るのすら怖くて撮影スペースを固定しているという。わあ卑しい(;´Д`)
家を掃除しろと。どこに出没させてもいいようにピカピカにしろと。話はそこからだと。

スマホじゃ写真が暗すぎるというのもあるんですけどね。
カメラは一向に遠いままなので最近自作レフ板とか考案中。
まあまだしばらくは“モデル”を撮り続けます。


PicsArt近況

だんだんメインがオリジナルの方になってきましたがこっちもぼちぼち続けとります。
最近アカ作るだけでほっといたInstagramも動かし始めました。

『ANDERSON』
ANDERSON


『STAND』
STAND


『Dear Lilith
Dear Lilith


『zoooooooo~』
zoooooooo~


『STAND(2)』
STAND (2)

2枚目と5枚目はいわずもがなジョジョ3部アニメ開始記念。
世代は合ってても直撃では読んでなかったグループなのですが(最近全部読みました)、単純に面白いというより変に引き込まれる魅力とか妙に目に残るシーンが多いこととかは確かに実感したように思います。ホント、不思議な作品ですね。

*1:背景:ベルンハルト・M・シュミッド『新たなる道へ』(PIEブックス)