読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

ドルシネ・サロン第6回後半「2015年新春初映画4」(ミュータント・タートルズ/劇場版Psycho-passサイコパス)

  • ドルシネことcase.728の《ドールdeシネマパラダイス》は歓談形式の映画感想エントリです。我が家のドールたちが映画についてそこそこ真剣にダベるだけ。
  • ネタバレは少なめですが、物語の核心に触れていることはあります。
  • ドールたちの設定は我が家のオリジナルです。詳しくはブログ紹介記事を参照。

ミュータント・タートルズ(2014年版)』

オススメ度:★★★☆☆/満足度:★★★☆☆

見ドコロ:カメでニンジャでティーンエイジ!4人で1つな不思議一体感の超個性的ヒーロー。古参も一見さんもおいでませ!
f:id:nanatsuhachi:20150224214506j:plain


f:id:nanatsuhachi:20140908153053j:plain:w80:left(りに)3本目は『ミュータント・タートルズ』! 吹き替え・3Dで観てきたよ!

f:id:nanatsuhachi:20150215151514j:plain:w80:left(ゆね)おぉっと、りに子姉さん。今までどこに?

f:id:nanatsuhachi:20140908153053j:plain:w80:leftらっちゃんたちとお茶してたんだよ。みんなむずかしそーな話ばっかりしてるんだもん。

f:id:nanatsuhachi:20140908152934j:plain:w80:left(シェツゥ)りにちゃん、エクソダス寝てたし。せっかくの筋肉を。

f:id:nanatsuhachi:20140908153053j:plain:w80:left温存してたの!本命これだもん!
ムッキムキだったね、タートルズ!かっこいい!

f:id:nanatsuhachi:20140908152937j:plain:w80:left(つづみ)CGも進みましたよね。ってこの手の映画を観るたび、同じように感心しちゃうんですけど(^^;)

f:id:nanatsuhachi:20150215151515j:plain:w80:left(くうり)まさかの実写映画ですもんね。『トランスフォーマー』のマイケル・ベイが製作に入ってるとはいえ、画面の中にCGのタートルズがいることにまるで違和感ありませんでしたよ。特殊メイクって言ってくれた方がまだ素直に驚ける気がします。


f:id:nanatsuhachi:20150224214511j:plain


f:id:nanatsuhachi:20140908152932j:plain:w80:left(ノセ)またアクションシーンのカメラワークがすごかったですね。ぐるぐる、ぐるぐる。小さなUFOにカメラをつけてあるみたいに。あの雪山を滑走するシーンなんて、実際どうやって撮ったのでしょうね。

f:id:nanatsuhachi:20140908153053j:plain:w80:leftあはは、あたしちょっと目が回った(*´ω`*)
映像もすごいけど、やっぱりカメさんたちのキャラクターがいいよね!長く愛されてるだけのことはあるよ!

f:id:nanatsuhachi:20140908152928j:plain:w80:left(ハロルド)原作もあのような感じなのでしょうか。一人一人のキャラクターもいいですけど、何よりカメたち四人の一体感が面白いですわ。

f:id:nanatsuhachi:20140908152934j:plain:w80:left軍団ともフレンズとも違う、“チーム”って感じだよね。かつ、実際ティーンエイジャーである彼ら「男の子たち」の、男臭い馴れ合いっぽさがまた、そこはかとなくいい。

f:id:nanatsuhachi:20140908153053j:plain:w80:leftうーん、かわいいよね!ステキ!

f:id:nanatsuhachi:20140908152934j:plain:w80:leftりにちゃんの歳のガールにかわいいって言われるとティーンエイジャーは傷つくよね。


f:id:nanatsuhachi:20150224214509j:plain


f:id:nanatsuhachi:20140908152929j:plain:w80:left(こと)シュレッダー様の鎧もステキ。

f:id:nanatsuhachi:20150215151514j:plain:w80:leftあの「なんか間違ってるジャパンカルチャーかぶれ」っぷりは外せないよね。タートルズがニンジャであることからしてそうだけど。

f:id:nanatsuhachi:20150215151515j:plain:w80:leftカタナは仲間の中で最も誇り高いリーダーの装備、でしたっけ?
忍術指南書とか下水道に落ちてますし。いろいろと突っ込んだら負けなんでしょうけど。

f:id:nanatsuhachi:20150215151516j:plain:w80:left(やわわ)わりと無言でにこやかに「スルーしてくださいね」って常に言われてる気分だったよ(笑)

f:id:nanatsuhachi:20140908152928j:plain:w80:leftストーリーはまだ、漫画でいうところの「連載開始して最初の大きな話」という印象でしたわね。一応映画スケールではありましたけど、軽いジャブと技見せ、「タートルズの始まり」、「タートルズ・ビギンズ」といった印象ですわ。

f:id:nanatsuhachi:20140908152937j:plain:w80:leftこれもファンの多いコンテンツですからね、トランスフォーマーよろしく。旧映画版は三部作だったらしいですし、当然のようにシリーズ化してくれるんじゃないでしょうか。

f:id:nanatsuhachi:20140908152934j:plain:w80:leftと思ってたらあったよ、情報。

f:id:nanatsuhachi:20140908152934j:plain:w80:leftわたしも推してはおきたい。あのチーム感のおかげで、正直トランスフォーマーより好きになりそうだし。

f:id:nanatsuhachi:20140908153053j:plain:w80:left2016年公開予定!絶対観に行かないとね!

ミュータント・タートルズ(2014年版)・作品情報

原題:Teenage Mutant Ninja Turtles
2014年/アメリカ/101分/映倫:G/2D・3D
監督:ジョナサン・リーベスマン/製作:マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラー、ゲイレン・ウォーカー、スコット・メドニック、イアン・ブライス
キャラクター創造:ケビン・イーストマン、ピーター・レアード
脚本:ジョシュ・アッペルバウム、アンドレ・ネメック、エバン・ドハーティ
キャスト:ミーガン・フォックス、ウィル・アーネット、ウィリアム・フィクトナー、アラン・リッチソン、ノエル・フィッシャー、ピート・プロゼック、ジョニー・ノックスビル、ジェレミー・ハワード、ダニー・ウッドバーン、トオル・マサムネ
<あらすじ>
 悪の組織フット軍団による犯罪と暴力が日増しに激しくなるニューヨーク。フット軍団を追いかけていたテレビリポーターのエイプリルは、ある夜、闇夜に紛れてフット軍団を倒す謎のヒーローを目撃する。その姿を映像に収めることができず、誰にも信じてもらえなかったエイプリルだが、今度は地下鉄の駅でフット軍団が人々を襲撃。そこで再び謎のヒーローを目撃したエイプリルは、後を追いかけ、カメの姿をした4人組の忍者タートルズと出会う。(映画.comより)


映画『ミュータント・タートルズ』予告編 - YouTube


劇場版PSYCHO-PASS サイコパス

オススメ度:★★☆☆☆/満足度★★★☆☆

見ドコロ: 約束された「シビュラの海外進出」展開!お祭り仕様には目もくれない、稀に見るストイックな劇場版。法治の“法”はどこから来るのか。
f:id:nanatsuhachi:20150224214457j:plain


f:id:nanatsuhachi:20140908152928j:plain:w80:left四本目はレイトショーで『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』でしたわね。
最初はDVD観賞で充分だろうと考えていたのですが。

f:id:nanatsuhachi:20140908152934j:plain:w80:left実際多くのジブリ作品やまどかマギカの新編みたいに、スクリーンで観といてよかった、と言えるほど絵的な面白みがあったわけじゃない。ただし、どこで観ても損はしなかったと思える内容だったと思うよ。面白かった。

f:id:nanatsuhachi:20150215151514j:plain:w80:leftTVシリーズ以上に真面目でしたよね。もうクソ真面目というか。
いわゆるお祭り感がなかったのも正直驚きだったっすよ。劇場版って言ったらやっぱり、なるべくレギュラーキャラにまんべんなく見せ場を用意するもんですけど。

f:id:nanatsuhachi:20140908152928j:plain:w80:left全然なかったというわけではありませんでしたけど、実質顔見せだけというのがほとんどでしたわね。『イノセンス』よりマシという程度で、ファン向けのむやみなリップサービスにはとんと興味がございませんとでも言うみたいに。

f:id:nanatsuhachi:20140908153053j:plain:w80:left六合塚さんてTVでもあのくらいの扱いだった気がするけど。

f:id:nanatsuhachi:20150215151516j:plain:w80:left雛くんが足りない!

f:id:nanatsuhachi:20150215151514j:plain:w80:leftこんなところに敬虔な雛河きゅん推しが…。

f:id:nanatsuhachi:20150215151515j:plain:w80:leftまあ狡噛慎也復活が大きなキーワードとくれば、彼と接点のない二期メンバーは控えめな描写になりますよね。
海外出張メンバーがまさかの単身で常守朱無双になったのはさすがに意外でしたけど。


f:id:nanatsuhachi:20150224214459j:plain


f:id:nanatsuhachi:20141001233018j:plain:w80:left(リュシカ)シャワーシーン多めだったのだぞ。常盛が大盛に。

f:id:nanatsuhachi:20140908152937j:plain:w80:leftお、大盛…。

f:id:nanatsuhachi:20150215151514j:plain:w80:leftそんなに盛ってたかな。いやあれはあれで盛って…。

f:id:nanatsuhachi:20140908152928j:plain:w80:leftそこの三人さん。中身のある話をしましょう。
というか、リュシカは今初めてしゃべりましたの?

f:id:nanatsuhachi:20141001233018j:plain:w80:left小さくても中身はあるのだぞ?

f:id:nanatsuhachi:20140908152934j:plain:w80:leftはいはい、映画の中身ね。
監視官の海外派遣からしてそもそも異例の措置だったから、まして潜在犯である執行官なんて、シビュラの目がなくなれば逃亡の恐れさえあるんだから連れていけるわけがない。という建前での朱ちゃん単身赴任だったよね。
またこう「異例」と強調出来るだけあって、この作品で「海外」にスポットライトが当たるのも劇場版が初めてだったわけだ。

f:id:nanatsuhachi:20140908152932j:plain:w80:leftTVでは口頭で簡単な説明があった以外、PSYCHO-PASS世界における「海外」はほとんど登場しませんし、関わりもありませんでしたね。唯一わかっていたのは、世界的に経済が崩壊しているということと、シビュラを生み出した日本だけが復興に成功しているということ、ぐらいだったと思います。

f:id:nanatsuhachi:20150215151515j:plain:w80:leftシビュラというシステムのおかげで日本だけが復興できた。なら、未だ経済復興に藻掻く他国からそのシステムを求める声は上がるはず。シビュラの海外進出。シリーズを続ける上で、いつか挙がらないわけがなかった題材ですね。

f:id:nanatsuhachi:20140908152934j:plain:w80:left思ってたほど派手な話にならなかったけどね。まあこれはしょうがない。海外進出の黎明じゃ、ちゃんとした運用がされるかどうかが一番危ぶまれる点だから。現実でも、他国に売られた最新鋭の戦艦が、運用ミスで勝手に沈んだりするし。

f:id:nanatsuhachi:20140908152928j:plain:w80:left国が違えば価値観が違う。価値観が違えば……のようなところまで一足飛びに掘り下げるのは難しいですわね。TVシリーズをリブートするくらいの姿勢でなくては。


f:id:nanatsuhachi:20150224214504p:plain


f:id:nanatsuhachi:20150215151514j:plain:w80:leftツゥ子姉さんが言うところの「派手」ではないっすけど、考えさせられる話にはなってましたよ。いかなる変革であっても「手続き」の重要性は変わらない、それが人の社会だ。っていう話でしたよね。

f:id:nanatsuhachi:20140908152932j:plain:w80:leftシビュラというシステムから見れば、最適解はわかっているのだから効率良くそこにたどり着けばいいはず。しかし、社会が人のものである以上、その解も過程も人による承認と肯定が必要不可欠。それを無視すれば、社会が人のものでなくなり、システムに支配されたものになってしまう。

f:id:nanatsuhachi:20150224232222j:plain:w80:left一方的な支配機構の成立は占領と同じですから、シビュラの正当性が失われるどころか、シビュラ自身が最もこだわる「正当性」を自ら放棄する羽目になるぞ、と朱さんは脅したんですね。

f:id:nanatsuhachi:20140908152934j:plain:w80:leftさらに「必要性」も消えるよね。人に必要とされてシビュラが成り立つのに、シビュラ自体が人にシビュラを必要とさせるなら、それは自作自演、嘘の永久機関だ。実質的にシビュラを必要とする存在が無価値になり、シビュラが無価値になってしまう。

f:id:nanatsuhachi:20150215151515j:plain:w80:left社会のシステムとは何か。法とは何なのか。このあたりの話はなにげに二期の中身の方に近いですね。キャラクターの扱いだけを見ると、二期を追ってなくても観られそうに思えたんですけど。

f:id:nanatsuhachi:20140908152934j:plain:w80:left毛色が違いすぎて戸惑うね。


f:id:nanatsuhachi:20150224214501p:plain


f:id:nanatsuhachi:20140908153053j:plain:w80:leftふぁふぁふぁふぁふぁ……。

f:id:nanatsuhachi:20150215151516j:plain:w80:leftあ、りにちゃんが沸騰してる。

f:id:nanatsuhachi:20141001233018j:plain:w80:left映画がクソ真面目だからしょうがないのだぞ。

f:id:nanatsuhachi:20140908153053j:plain:w80:leftこーがみひゃん、かっこにょかったにゃゃゃゃ…。

f:id:nanatsuhachi:20140908152934j:plain:w80:left狡噛の掘り下げも面白かったけどね。掘り下げというより、「進化」かな。
槙島聖護のような存在へ次第に近づきつつも、彼は槙島にはならない。なれるかもしれないけど、ならない。そんな話もあったね。

f:id:nanatsuhachi:20140908152928j:plain:w80:left余白が許すのならしたかったですわね、そのお話も。

f:id:nanatsuhachi:20140908152929j:plain:w80:left本日はこれでお開き。

劇場版PSYCHO-PASS サイコパス・作品情報

2014年/日本(東宝映像事業部)/113分/映倫:R15+
総監督:本広克行/監督:塩谷直義
ストーリー原案:虚淵玄/脚本:虚淵玄深見真
キャスト(声の出演):花澤香菜野島健児佐倉綾音伊藤静櫻井孝宏沢城みゆき東地宏樹山路和弘日高のり子神谷浩史石塚運昇関智一
<あらすじ>
 人々の精神を数値化する「シビュラシステム」が導入された近未来日本を舞台に描かれたSF警察ドラマで、テレビシリーズ第1期でも脚本・シリーズ構成を担当した虚淵玄がストーリー原案&脚本、本広総監督と塩谷直義監督もテレビシリーズから続投している。西暦2116年、「シビュラシステム」を輸出し、世界に広げようと計画する日本政府は、内戦状態のSEAUn(シーアン=東南アジア連合)の首都シャンバラフロートにシステムを実験的に導入。しかし、SEAUnからテロリストが日本に密入国し、シビュラシステムの中枢に攻撃をしかけてくる。公安局刑事課一係の常守朱密入国者たちと対峙するが、やがて彼らを裏で手引きしている人物の存在が浮上する。その人物は、公安局刑事課一係の執行官だった男で、常守朱のかつての仲間だった。(映画.comより)


『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』予告編 - YouTube



f:id:nanatsuhachi:20150215151514j:plain:w80:leftさて次回は?

f:id:nanatsuhachi:20140908152934j:plain:w80:leftあんまり予定を決めてもねえ。

f:id:nanatsuhachi:20150224232222j:plain:w80:leftアメリカン・スナイパー』を観ましたよ?

f:id:nanatsuhachi:20150215151516j:plain:w80:leftあっちでパパがぐずぐず泣いてるのって、レンタル始まった『かぐや姫の物語』を観なおしたから?

f:id:nanatsuhachi:20141001233018j:plain:w80:left今日はつき姉たそのお迎え記念日なのだぞ。

f:id:nanatsuhachi:20140908152934j:plain:w80:leftf:id:nanatsuhachi:20140908152929j:plain:w80:leftf:id:nanatsuhachi:20140908152932j:plain:w80:leftf:id:nanatsuhachi:20150215151515j:plain:w80:left!!!!????

f:id:nanatsuhachi:20150224232222j:plain:w80:leftf:id:nanatsuhachi:20150215151514j:plain:w80:leftf:id:nanatsuhachi:20140908152937j:plain:w80:leftf:id:nanatsuhachi:20150215151516j:plain:w80:left!!!!????

f:id:nanatsuhachi:20141001233018j:plain:w80:leftあー、その反応は。

f:id:nanatsuhachi:20150215111702j:plain:w80:leftあわわ…。

f:id:nanatsuhachi:20140908152928j:plain:w80:leftまあ、自分で忘れてなかっただけマシですけれどね。

f:id:nanatsuhachi:20150224232222j:plain:w80:leftつ、つきみちゃん、おめで……ふぇ??

f:id:nanatsuhachi:20140908152934j:plain:w80:leftおめっと、つっきー。とりあえず。


ミュータント タートルズ大全 (ShoPro Books)

ミュータント タートルズ大全 (ShoPro Books)

PSYCHO-PASS サイコパス OFFICIAL PROFILING 2

PSYCHO-PASS サイコパス OFFICIAL PROFILING 2