case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

しまなみルート・寒風山を越えて

f:id:nanatsuhachi:20150505115626j:plain

いのICを素通りして紙の博物館方面へ。仁淀川の緩いカーブとしばらく併走したのち、支流沿いへ入ると今さらのように牙を剥いてくる国道194号線。両側崖でインサイドの見通しが悪いマシンガンカーブを乗り越え、かつて日本最長と呼ばれた5.4kmの寒風山トンネル*1を抜けるとようやくの下り坂に再びカーブの嵐。加茂川にゴールインしたのちは11号線をクッションに、しまなみ海道まではほぼ直線ばかりでした。

 

GW初日の土曜日は車内で日焼けできるほどの快晴で、まさしくドライブ日和。目的地こそ広島西条でしたが、目的は自分の車で遠乗りをすること。高速は使わず一般道。ドライブ自体が目的なら、道は空いてて面白い方がいい。時間はかかっても構わない、というかかけておきたい。もっとも高速道路は、ETCどころかターボもついていない老いぼれ気味の軽自動車では、なるべく遠慮したいというもの。

 

大型連休中でも渋滞とは無縁の194号線。渋滞どころか車列とさえ無縁。

時々追いついてくる軽トラや普通車には道を譲り、逆に追いついてしまったら追い越し禁止でないところで適当に追い抜かないと後続に悪いけども、加速して対向車線に出るのは馬鹿にできないスリル。*2老いぼれ軽で時速60以上ををキープしようと思ったら、3速に入れてアクセルを踏み込む以外にありません。

車内は当然騒音甚だしく、しかしながら快晴の下、木々の青々と茂る山間を抜けていくのはそれでも気持ちがいいものです。白く輝く大岩の並ぶ川を見下ろして走れるのもまた乙でした。

 

f:id:nanatsuhachi:20150505115625j:plain

 

今回発見したお気に入りスポットは、寒風山トンネル手前(高知側)の道の駅、「木の香(このか)」。

吉野川の支流沿いにレストランと土産物屋、公衆トイレなどが並んだドライバーの休憩所。宿泊も可能。194号線は面白い道としては有名らしく、ツーリングのお客さんなんかもちらほら。シーズンによっては近くでヤマメ釣りなんかもできるみたいです*3

 

が、ここのメインは、何より温泉(゚∀゚)♪

自分もちゃっかりつかってきました。行きは食事だけでスルーしたのですが、帰りは最初から心に決めて行ったもので。

そんなに特筆するものがあるわけでないフツゥーの温泉。ただ、長い山道を登ってきてバッキバキになった肩にはてきめんに沁みました。もう気持ちよくないわけがなかった。のぼせないよう冷水シャワーを挟みつつ、思わず5回くらい湯船につかってました。まさに生きかえる心地(`・ω・´)

 

食事も山地ならではの食材や発想で、そのわりに結構オシャレでかわいいメニュー。

f:id:nanatsuhachi:20150505115623j:plain

行きで頼んだ「どうぞ!きじセット」。きじカレーときじラーメン。

言うまでもなく山の鳥・キジの肉を使っています。ラーメンはキジ肉のつみれ入り。

残念ながら唐揚げは若鶏です(^^;)

自分はキジ肉初体験ではありませんが、そもそも野鳥のお肉ですから余計な脂身はまったくと言っていいほどなくて、かといって彼らは飛べないのでさほど固くもなく、特徴的にパサパサしています(なので実際唐揚げにはちょっと…)。その食感で肉自体の好き嫌いは分かれるかもしれませんが、このきじカレーは食べやすさ重視でキーマ風に料理してあって、美味しい。野性味溢れる濃厚なコクが染み出ているのは、ラーメンのスープも同様でした。

 

帰りはお昼時を外したので、お風呂上がりにデザートを。

f:id:nanatsuhachi:20150505115629j:plain

木の香オリジナルケーキセット。

たぶんですがどことなく木をイメージしたっぽいデザイン。目立つものはありませんが、峠の茶屋で出てくるにしてはめちゃめちゃオシャレ。無闇に背伸びしている感じもないからか、そういうセンスの良さを感じさせられます。正直ログハウス風のレストランでこれ食べてると、なんかすごい落ち着く(´ω`)

 

愛媛・広島の下道も通ってわかりましたが、高知の諸自治体って「道の駅」にかなり力を入れてる方なんですね。ご当地ブームですから最近はどこもやってるものだとばかり思っていましたが、往路で愛媛に入ってから手ごろな休憩所*4を見つけられずにかなり苦労しました。

結局行きは西条市中では停車せず、しまなみ海道沿いのサービスエリアまで走りっぱなしでしたね(^^;)

 

f:id:nanatsuhachi:20150505115627j:plain

往路。快晴のしまなみ海道

実は自前の軽でのハイウェイ乗りは初挑戦。

しつこいようですがターボもついてない老軽なので、加速もちょっとした上り坂も全部3速。しまなみは橋、つまり坂が多いので、D4だとひたすら失速。車体の振動と爆音で景色どころじゃない有様。そのうち車体がバラバラになるのではないかとヒヤヒヤ。

 

とばかり苦笑しておいてもいいですが、やっぱり高速道路って壁が高くて景色見づらいんですよね。運転席以外に乗っていてもあんまり面白かった記憶がありません。早く目的地に着かないかな、ということばかり考えていた気がするんです。下道を選んだ理由の一つ。

まあしかし、休憩や昼食も含めて高知市から広島西条まで片道8時間の道のりですから、ほんとに「道」を楽しむ目的以外で行くことはないでしょうけどね。そのつもりで予定を組んだので案の定ではありますが、運転疲れで翌日遊びに行く気力もありませんでしたし(^^;)

 

二泊*5して月曜の復路。残念ながら曇り、時々パラつく雨。

f:id:nanatsuhachi:20150505115630j:plain

実は今度の旅行、早くもねりちゃんを同伴しておりました。が、どこかで撮影するなら復路の方で、と考えていたところのこの微妙な天気。西条市あたりから晴れ間が出てはきましたが。降られなかったのにはさすがにホッとしました。

どちらかといえば海より山の方で撮る予定でもあったんですが、山は山で釣り関連のイベントがあったらしく人が増えていたため断念。ねりちゃんには峠越えの間、助手席で車窓の景色を眺めるだけにしてもらいました。座ってる写真だけでも撮ればよかったか(今更)。

194号線沿いでよさげなスポットはチェックしておいたので、そのうち撮影だけリベンジに行きます。この連休中は、無理ですけどね。もうグロッキー。温泉入ったのにまだ肩がやばい(ーー;)

まあでも連休を楽しむという意味では、とりあえず十分すぎたかと。

いわゆるクルマ県の一つに在住で、通勤片道約一時間、毎朝毎晩うんざりするほどハンドルを握っちゃあいますが、車を乗り回すこと自体はかなり好きな方だと自覚してきました。今度は才角の方にも行きたいなあ。でもとりあえずまず車買い換えたい。

 

 

酷道をゆく 日本全国の「酷い国道」を走る!! (イカロス・ムック)

酷道をゆく 日本全国の「酷い国道」を走る!! (イカロス・ムック)

 

別にこんなとこまで攻めたくはない(でもこの本は面白そう)。

*1:「一般道」の枠では現在も一位。より長いものはすべて自動車道。

*2:峠付近にはゆずり車線があるところもある。

*3:釣りイベントは直接木の香の主催ではない。

*4:コンビニは負けた気がする。

*5:同好の士の宅に屋根を借り、翌日はひたすら喧々諤々。思えば本当に観光する気なさすぎて草。