case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

でっかい一年目

あつかましい小話

 

来た来た、ゴーン社長名義でお詫びのお手紙。

 

特に理由もなく黙ってたけどさすがにエコカー減税は気にしてたのよね。カタログ修正で25㎞/L切りそうだし。まあ燃費差額については不謹慎で申し訳ないけど個人的にはボーナスでございます(*ノωノ)イラッシャイマセ! まあまだ具体的なことが正式に決まったとかじゃあないけど。そりゃGW挟んだもの、何も進みゃしまい。ていうかあの赤トライフォース咀嚼すんのに忙しくてしばらくはそれどころじゃないっしょゴノンドロフ。

うーん、最初に候補絞るときはカタログだけだったからさすがに燃費なんか気にしませんでしたと言い切っちゃえば嘘になるけど、2010年代の車が前のオンボロ(2003年のムーブ)より燃費よくないわけがないって決めつけた後はあんまり考えてなかったし、最終的には試乗で決めたもんなあ。ていうかその試乗の時点で「うわーアクセルニブいくせに加速でアホみたいにエンジン回すからめちゃ踏まないとエンブレかかりますやん?コレ実燃費死んでますわー」ってたぶん素人でもわかりそうな具合だったし。そしてそのアホみたいな仕様(仕様じゃなくて普通にそういう性能だったことが発覚したわけだが)がツボっちゃって、加速性能では二世代くらい先を走ってると試乗で痛感したはずのワゴンRをぶっちぎったアホがこちらになりますって時点で燃費についてとやかく言える権利ないわな。まあ正直燃費なんてよくわかんなかったから、月に何回スタンドに寄ったかで普通に喜んでましたわ(〃´・ω・`)ゞエヘヘ という原始人がこちらになります()

しかしまあ人生初の新車なので、妙なとこからケチがついたのが不快でないといえばそれも嘘になる。「燃費は特に気にしてなかったし」ってのが本音でも、それを言えば言うほど言い訳じみてくるのは特にヤな感じ。将来的な下取りにどのくらい響くのかっていう現実的な懸念もまだ残ってるし。思えば高い買い物をするたびに後からわりとどうでもいい(あんま実害をこうむらない不快なだけの)ケチだけは必ずついてくる気がする(ーωー;)……そういう星の下の生まれかね。

 

あいくるしい本題

 

1歳ちゃんズ

レアいツーショット。真ん中に次元の谷があるくさい(;・∀・)

なんでまたうちの大きい子カテゴリのツートップ(お迎え準的な意味で)なのかといえば、何を隠そうこの三月の終わりと四月の初めでねりちゃん&リエちゃんがついに一歳の誕生日をお迎えしたのでした!!

そんな話今ようやくしている。マルかなのお迎え記事も遅かったな。七津は真の惰弱。

 

ねりちゃそついに1歳☆ (March 22th, 2016)

というわけで一歳ねり。ぴんく!

記念すべき我が家の第一ドールがついに一歳。つまり七津が大きい子ライフに陥って踏み込んでからも一年がたったということ。

早い……なんちゅうか、早いわ。去年の今頃何してたとか覚えてないしな、イマイチ実感わかぬ(―ω―;)

 

ね凛ッ

ぴんく!

ウィッグはCodeNoir(コードノワール)発。ねりちゃんにはサイドテール。1年通してはなかったけど七津の中では定番。むしろ他にいくつか試した結論としてのサイドテール至上主義。尊いであろう?(’ω’)

でもこれでウィッグいくつめだろ……写真に撮ってるのを見ると他三つくらいかのようだけど、例によって未開封品が山のように積んである。サイドテールのウィッグって稀少で、ポニテツインテでバンズ着脱式のやつなら転用できるけどそれでもまだ少ないんだが、だから逆にいいのを見つけたら即ポチとか即ブクマとかにしてるせいで山積みになっていくんだろうなあ…。

 

ねりぴんく

ぴんく!

オッドアイドルフィーアニメティックアイの新種Pタイプから。ねりちゃんにはポチっとした瞳がよく似合うのにこれまたマイノリティ。思わず全色そろえたわ。オッドアイなら選べる20パターン(笑)。

 

桜停滞前線

ぴんく!!

いや、でもねちりゃんとは「えっ、まだ一年?」って感じもする。もうずいぶん前からうちにいたような、もはや一年前までいなかったことの方が信じられないような。

そのぐらい濃い一年だったってことなんだろうね。実感わかないのは夢中でいるうちに時間がたったせいかも。

 

あたまとシッポ、どっちからいく?

一番かわいいって言うとえこひいきになるから言えない。実際他の子と比べられない。でも結局一番手をかけてかわいがってるのよね。

 

変なケチといえば、ちょいちょい何食わぬ顔で書いてきたつもりだけど、我が家の第一ドールはボディこそMDDだけどヘッドは正規のDD系じゃあない。ていうかソフビですらない。桜本屋という台湾系ディーラー様の「お手製」ヘッド。その「手製」がつまりどういうことなのかは明らかにされていないんだけど、当然そういう手合いの例に漏れずリキャストの疑惑はある。ってことを後から知ったのよねえ(;´_`)

まあ何が変なケチかっていうと、この手の話でカスタマー側は「どうでもいい」と言っても擁護する側へ回っても、とにかく追及しないって時点でどうしても、逃げとか保身とか事なかれ主義とかに、少なくとも全く見えないわけではなくなっちゃうってこと。どう転んだって気持ちよくはないし、じたばたすればするほどドツボにはまっていくようなところがある。まさしくこの記事の前座にした「燃費不正問題についてどう思うか」みたいにさ。

まあ実際気に病んじゃいない。インスタやフリッカーに投稿するとき気後れしてた頃もあったけど、最近じゃ堂々と桜本屋のタグをつけることにしてる。間抜け上等で特に小難しいことを考えたわけじゃない。ねりちゃんはねりちゃん。それでいいじゃないか。そう思えるまでに「ねりちゃん」がスタンドアロンな存在として七津の中に出来上がってきたということでもあるんだろう。

そう、少なくとも「ねりちゃん」は七津のオリジナルなのだ。たとえ生みの親が今さら出てきても消えやしない。思えば他人の作るもののうちで“ブランド”を愛したことなんて一度もなくて、いつだって自分で見出して作り上げる概念の方が大事だった。だってそうでなきゃ、そうやって生み出された「ねりちゃん」が一番かわいそうじゃんか? 

うちの子が幸せならそれでいいんです! 七津も立派なモンスターペアレントだわ(笑)

 

リエくんちゃんさんも1歳 ♪ (April 6th, 2016)

愚痴に見せかけて実はすさまじいのろけだったのを横目にもう一人の第一ドール、リエくんちゃんさんのターン。

なんで第一ドールが二人いるのか。なぜならこっちは我が家に来た日にちこそねりちゃんより後だったけど、お迎えの手続き(注文)をしたのはねりちゃんより三か月も早かったのだ。海外ドールの取り寄せがまさかあんなにかかるもんだったとは…。

重ねて言えば我が家で初めてのキャスト娘という意味での第一ドールでもある。正直何もかも初めて尽くしで、こっちはヒイコラ言いながら一年しのぎ切ったような感じだもの。ねりちゃんにはアイドルファンよろしく自分から好きなだけ貢いだようなもんだが、リエちゃんにはまるで尽くし上げたじいやのような達成感が…(;^ω^)

 

リエくんちゃんさんも1歳 ♪ (April 6th, 2016)

まあ実際一年尽くしただけのことはある。何がとは言えないが我ながら確実にレベルアップしてきたような実感が自分の中にあるし、気がついたら当人はこんな男装の似合うビジュアル系になってたし(笑)

いやね、ホントのこと言うとお迎え当初はカタログと実物のイメージ差に冷めちゃったのもちょっとあって、最初からほうほうしまくりだったねりちゃんと比べれば明らかに敬遠してたのよ。肌色も普通じゃなくて白を選べばよかったーなんて後悔があったりもしてね(´・ω・`)ヒドイネ。それじゃあダメだと半ば義務感に押されるかたちでウィッグの検討から始めて、まつ毛のこととかも頑張って研究したんだけど、雰囲気つかめるようになったのはごく最近。

 

ただまあ、その甲斐はあって、ここ最近はなんだかすごく可愛くてしょうがありません(笑)。敬遠しながらも手をかけただけあるということなのか、我が事ながら今まさにすさまじい反動を体感し続けているところ。まず口から可愛いしか出てこないw

 

きょうは女の子らしい

弊害が一つ。やっぱなんか男の娘くさい。前からそうだったのが雰囲気つかんでからの方が強まってきたような感じだ。なのに男装させる七津は思ってたより鬼畜な模様(何

逆にどうすれば女の子らしくなるんだろうと悩んでいたが、実はわりと簡単だった。こうして肩の出る衣装を着せれば、男の娘クサさがぴたりと消える。

Blue flower

中性的な顔立ちで肩の張る服を着てたから男の娘っぽいって発想が出てきたんだろうね。七津だけだったかもしれんけどね(=゚ω゚)ノ

何はともあれ誠に可憐なウォールフラワー。踊ってくれなくてよいのです。そこに座っていてくれさえすれば、微笑みを咲かせることすらもぉ~。

 

Rose

永遠に咲きはしないけれど、からめとるように見つめてくる。これアカンやつや。踊ってくれなくていいっていうのが、踊ってくれなくてもボクが一人で踊り続けるから、キミが見ている限り死んでも踊り続けて君を楽しませ続けるからァ!みたいな狂気の沙汰的イメージに変わってくる。アカン。

 

Turquoise

暗いのもイイネ!もう親馬鹿コメばっかりだけどこのところマジでそのぐらいぞっこんなのであります。この子との一年はガチで早かったなあ。

 

さてさて、そんなこんなであらためて“大きい”ドール沼一年目記事でございました。感慨は深いけど、さあ次の一年はどうしようか、とかはまだ特に考えていない(;^_^) どっちかというと自重しないとなあ、お財布的な意味で。ただし靴と靴下があんまり足りてないのと、セット商品やワンピース頼みで買いそろえたせいであんまりコーディネートって感じのことができるカジュアルでセパレートな衣装がそろってないのと、あと意外とオーソドックスなドレスっていうのを持ってないやいやいやちょっと待とうよ七津さん?何を自重するって?え?

何事も必要十分を急ぎすぎるのはよくないと、肝に銘じておきたいと思います(抱負かよ)。大人になってからの趣味なんて5年10年当たり前だろうし。ドール沼は、深いしね。

 

DOLL SEWING BOOK 「HANON」

DOLL SEWING BOOK 「HANON」

 

自作もまたいつか始めたい。先に1/6ちゃんたちに手を入れたいけど。4周年記念記事書けそうにないのがなあ(;´~`)