読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

いまりんずばーすでーい☆/一眼デビュー記 "X-T10"&"XF35mmF2"

 溜め込んだものを吐き出さなくてはいけない。とにもかくにもドールカテ。

 

 Luts 2015冬イベKid Delfをお迎えしました!

 MDDアルルをお迎えしました!

 ペン氏が2歳になりました!

 いまりちゃんも1歳になりました!

 ねりちゃんがサイドテールやめました! 

 一眼カメラデビューしました!

 

 いえーい、盛り盛りだくさんーんーァーーゥ…(;=д=)……………………ぺ、ペンはわんこだろうがっ≡3

 

 そう、盛り盛りだくさんである。しかも特に気合いを入れるためでも何でもなくただの気まぐれで替えた背景では新顔におもっきりフライングさせてある有様*1。見慣れない顔ドーン。誰よこのオンナ。親愛なる無秩序。フリーダム。カップヌードゥ……。

 

 はい、どっから手をつければいいんですか?(;-ω-) まあ、取っかかりでつんのめっててもしょうがないんで、今日は1年先輩のいまりちゃんの話にしましょうかね。ついでにカメラと。そう、カメラ。ついにカメラ、一眼デビューなの、いぇーい。だからせっかくだけど新参どもは後回し。せっかく背景取ったのにね!

 

おそまき冬支度

 改めて、いまりちゃん1歳おめでとう!(7月下旬だよ!)

 そう言いつつ写真は2月である。実質ただの貼り忘れ回避で誰かに申し訳ない。でもこのロシア帽とファーショールお気に入りなので!(言い訳)

 

a small bag

 寒かったがズボンも脱いだ。黒ストでかっこよくいこう。グラサンも前のとちゃいます。フレームをDDヘッドに合わせるべく温めながら力ずくで広げてたらちょっとヒビ入ったのは内緒。

 ちょいダサ路線を究めるとか何とか言っていたものの(今も考えてはいる)、やっぱりまともにおしゃれさせるのも楽しい!

 っていうのがこの一年の総括的な感想でもあるね。我が家で唯一の50センチクラスさんとのお付き合いは、とことん新鮮なので。

 

すわりん

 うちでメインのちびっこたちとは正直なところ「何着てもかわいい!」みたいな盲目的な付き合い方をしていないでもない。コーディネートなんかしなくても最初からセットのやつを着せとば十分すぎるほどかわいいというダメ親バカぶり。

 対していまりちゃんだって何着せても可愛いけど(親バカ)、どうせならひと工夫ふた工夫、重ねてみて何かがカチリとはまったときにドカンと来る。コレだ!となる。ちゃんと考えて磨けば磨いただけ光るんですね。なんというか、スタイルがいい女性のおしゃれの楽しみを垣間見たような、新しい世界が開けてくるんですよー。なんて言ってるとタイムリーに読んでた漫画『累 -かさね-』を思い出してちょっと微妙な気分にもなるんですが(;=ω=)カンケイナイケド

 

おそまき冬支度

  服ばかりでなく、1年かけていまりちゃんの潜在的なキャラや特性がわかってきたところで、そろそろとアイやウィッグの取り換えにも挑戦し始めました。

 これまでの赤いアイはヘッドとセットだったやつだし 、ウィッグはヤフオクで勘で選んできたやつなんですが、いわゆるビギナーズラックでこれまたカチリとはまってたもんですから、正直もう1年このままでもよかったくらいなんですが、個人的には飽きてから替えを探し始めるとモチベに左右されてうまくいかなかったり時間かかったりするものなんですよね。プリセットいくつか持っておけば飽きにくいのもあるし。

 

Black Dahlias

 というわけで、まずはオーソドックスに金髪碧眼。なんとなくねりちゃんにも参加していただいて髪服共にペアルック。そしてボディスーツとラップで乗り切った恐怖の色移り地獄(;^ω^)  ここでねりちゃんが件のノン・サイドテールを披露。魂をなげうつようなイメチェンにもかかわらず七津あえなくどストライクにて昇天ペガサス遊戯ボーイ。ないのもいいじゃナーイ(* 口 *)

 イメチェンというよりは似たような雰囲気でレパートリーを増やそうという試みだし、強めのくるくる系からなのでとりあえずゆるふわロングウェーブ。前髪も切り下げではないものの七三なのでそこまで冒険してないつもり。美容院行ってきたよー、くらいな感じ。クセの強い頭の方が目を引くようにはなったかな。

 問題は目っすねえ…。

 

おそろ主義

 デフォのアイはアイリスが三角でなんとなく半眼っぽくなる。市場のアイだとサイズが合っててもアイリスが上マブタの下ですぼまっててなんか違う(;´_`)…

 ヤフオクで見つけたこのアイも、単品で見たときは可愛い!と思ったんですがねえ。つけてみると印象が柔らかすぎるというか、いまりちゃんにはくりくりしすぎな感じ。もったいないけどかなめちんにも合うかコレ…。

 せめて流し目にならないまでもビッとした感じにできないものかと、しばらく答えが出なくて悩みました。

 

アイもおそろに

 最終的に落ち着いたのがここ。ドルフィーアニメティックアイのMタイプ。いやまだ完璧には納得してないけど。

 よくある楕円タイプではなくより丸めのアイで、やや大きめのサイズを気持ち三白眼気味に白目を増やすようにして付けると、結構しっくりくる感じ。結局クリっとはしているものの、瞳が小さいので柔らかすぎない。存在感の大きい前髪とも相性悪くない。

 現時点で七津のような地方ドーラーがいまりちゃんにしてあげられるのはこれが限界かな。おほい、誰だよ今自作っつったの?

 

ダリア・カンパニー

 ていうか金髪金眼になったのよね。

 青い目はそれだけで落ち着きすぎるというか優しすぎるというか。隣でねりちゃんが同じタイプの青灰色のを付けてるのを見てもらえば杞憂と思われるかもだけど、おそらく髪色との兼ね合いもある。いまりちゃんの金髪色味薄いし。某ぱんぱかぱーんの人も薄めの金髪に緑目のはずだけど、まあキャラクターってそういうものかもね。いまりちゃんはおっきくない方が似合うし(?)

 

Imari's Happy First Birthday! XD! (July 23, 2016)

 しばらく飛んで7月の写真。着替えは間に何回か挟まってるけど、ウィッグとアイ替えてから一番しっくり来たのがイチゴ柄のお着物という。髪からの計算だけどね。誰もイチゴ柄には金髪が一番似合いマースとか言ってない。東城さんがどうのじゃなくて黒髪原理的ナショナリストが怖い。そのうち普通に黒髪も試したいね。色移り怖いけどね。

  

いまりちゃん1歳!(July 23, 2016)

 ブーツですいませんwwwwwもう単なる趣味なんだべwwww

 しかもサラシ寸胴化もさぼってるからおはしょり付近ですごい誤魔化してある。帯揚げなんか初めて使ったからダメオブダメ。最初見たときはなんだこの謎リボン?と逆ギレしてました(^-^;)

 それはそうと着物のところから画質が格段に違うとは思わないだろうか?んー?んんー?? そうだね、プロテインだね(パ

 

ブロンドと着物

 そう、ここで件のカメラデビューの話さ。そうさ、ついにさ。ついにようやくスマホカメラで撮った写真を健気にコツコツ編集しまくるのを卒業する気になったのさ!

 地震対策もひと段落したし、春にたらふくお迎えして(え?)さすがに住居のキャパシティの方が飽和してきたしで、そうそうやばい出費もなくなるだろうと踏んで、いいかげん撮影の方を次のステージへ進めることに決めたのでした。

 

 と、決めたはいいけど、コンデジも飛び越してケータイのカメラからそこへ行こうってことだったんで、実際めちゃ時間かかりましたわ(;=ω=) とにかく知らないことが多すぎる。一眼とひと口に言ってもタイプは一つじゃない。絞り?SS?AF?機種ごとの仕様は?メーカーごとの特徴は?単焦点って何さ?画角ってどう読むの?レンズ沼ってどういうことなの?なんでいちいちレンズ取り換えるの?つかレンズ高くね?

 

 まあ細かく何で悩んだかははしょりましょう。巻いていこうねー。

  最終的に選んだのは、富士フイルムのミラーレス一眼「X-T10」と同社単焦点レンズ「フジノンXF35mmF2R WR」。ちょうどその組み合わせでキットもあったけど、七津は中古で別々に見つけて計7万くらいで手に入れましたとさ。

 ミラーレスに目を向けたのは、親父殿のフルサイズ借りて使ってみて、でかくて重いなと思ったから(笑)。しかしフルサイズとはいえ業界最軽量のEOS Kiss X7で腕プルプルな七津って…。

 ミラーレスならSONYという選択肢も有力で(実際カメラ趣味の長いある友人が過去にオススメしてくれたかな)、さらにオリンパスあたりが初心者には優しいという風にも聞いたものの、「老舗のフィルムメーカーがこだわった高画質」というものに興味を惹かれ、「タッチ液晶やボタンではなくダイヤルによる直感操作」や「レトロな外観」といった特徴が軒並み七津には魅力的で、レンズもXマウントは撒き餌なしでレパートリーこそ乏しいものの評判の悪いものの方が珍しいということで、機能面の充実で上をいくSONYに後ろ髪をひかれながらもいつしか富士のXシリーズしか目に映らない容体に。X-T10とKissX7だと重さ20グラムくらいしか変わらなくなるけどね!まあそのへんは何か高い買い物するときのいつものパターンな気もする。

 そして厳密には今月手を出す予定だったがね、目をつけてる中古がいつ消えるかの不安に負けてしまい、なんでクレジット4回払いがないんですかと血の小便を垂れながら3回払いで7月中にケリをつけてしまった。しかもそこまでした相手がセンサーに傷入ってる難有品。撮影には問題ないってお店は言ってたけど保障はゼロ。初心者のくせになんでそう無茶するの?ねえなんで?こういうのもいつものパターンですな。

 

 いずれにせよ変わる世界。確実に。格段に。

初恋総取娘 X-T10 version

 かなめちんじゃねえかっ!という点は置いておいて。いや単に使い方覚えるのに付き合ってもらっただけでち。ちょっと夏仕様に着替えたからお披露目したかったとかそんなことはまるで全然皆目ございませんでち(*ー∀ー)

 写真にはやっぱり手癖で修正入れちゃいます。入れてないと不安なんだね、ビョーキだね。しかし画質を上げるほどの技術はない。それでなんだこの高画質。スマホカメラからの飛び級だといかに自分の目が腐ってたかがわかりますな。

 センサーの傷も特に問題なさげ。いい買い物ができました。聞けばホコリなんかよりも心配ないとか。まあそのホコリなんかが引っかかりやすくはなってるかもしれないんで、今後の扱いは慎重にしていきます。

 

カメラ練習のために無限アイスを与えられるかなめちん

 そっしてこのボケ感。単焦点童貞からの卒業。素人童貞ではございません。まぎれもない卒業!初心者が単焦点から入っちゃうとボケ頼りの写真ばかりになる点はデメリットだとも聞いたけど、そうなるのも無理ないというか、スマホじゃこんなにどころか全然ボケませんもの。被写界深度なにそれくえるの?ってなもんで。あ~かなめちんがかわいいのがかわいいんじゃあ~^^^

 

かなめちんでKissX7練習(借り物)

 ちなみにこちら、親父殿のKissX7を試したときの写真。レンズはキットの望遠のやつだったはず。修正入ってるので色味や明るさの参考にはならないけど、ボケの違いはよくわかる。ちなみにセンサーサイズはX-T10と同じAPS-C。有効画素が200万くらい違うのかな。といっても画質の差はさすがに七津じゃピンと来ない。じゃあミラーレスでいいじゃない(適当)

 

金髪屋さん

 帰ってきたいまりん。そもそも照明減らしてこんだけ撮れる時点で七津としては唖然ですわ。

 

 逆光も余裕。

納涼っ・・・!

 気が付けば・・・・・・納涼っ・・・!

 

(あげないけど?)

 2枚続けて、納涼っ・・・!

  さすがにISO2000以上へ持っていくとノイズが気になってくる。それでも後で補正入れるにしても10%程度で済みます。むしろ20%以上入れるなんてもったいない。背中の方のほつれ毛がボケながらくっきり一本ずつ写ってるのとかどういうことなの??

 

CherryDollの欧風ドレス

 続いて畳みかけるような自慢タイム。CherryDollというゴージャス系衣装専門の韓国ディーラー様に買い求めた中世ヨーロッパ風クリノリン式ドレス。3万3千円也。やばい出費はもうないんじゃなかったんですかァー!(;@Д@)

 すまん、これも、あの、これしか目に映らなくなったというか……しかも全然後悔してない(酷い)。

 

ご令嬢いまりん

 さすがに相応すぎるクオリティ。生地の高級感からして結構やばい。結構?結構どころか!下に着てるブラウスやベストも当然同等。オールハンドメイドですよ?実物を手にすると3万が安く思えてくるから恐ろしい。

 で、言ってしまえばこれがいまりちゃんへの誕生日プレゼントですよ。これ着るためにうちに来たんじゃないかとさえ思うくらい似合ってるし着こなせてるしで七津冥利に尽きて遺灰と化す。あああーいきてるってすばらっすぃー!(遺灰)

 

帽子オフ

 帽子オフ。ウィッグも外跳ねがなんとなくポップな感じがするのでドレスに合わせてまた替えようと思ってたけど、着せてみると全然サマになってますね。ていうかここにきて映える青金のコントラスト。なんかベルばらっぽくない?男の方じゃねえか。あるいはアホ毛をつけてお茶碗持たして……。

 

肖像っぽい

 バストアップ。なんかこう、屋敷にありそう。広間の目立つ壁とかに。ナナーツ伯が三女イマーリの成人を記念して、みたいな文言が額縁に彫られてて。ドールの成人が何歳からなのかは七津くわしくない。

 

くににおいてきた

 インスタと同じ流れで誰かしらに申し訳ないがせっかくなので久しぶりに遊んでみたやつ(笑)

 ほとばしる没落感。PaintShopのタゲレオ効果とアルビューメンのコンボ。

 流行り病で娘を亡くして心を病んだ伯爵は、誰とも口をきかず屋敷に閉じこもり、娘とそっくりの人形を愛でて暮らしたそうな。その人形の元になった写真は今もあの屋敷に飾られていて、夜になると動くはずのない目玉がぎょろりと!(◎"◎)

 

KIFUJIN!

 主人がバカやってるのを尻目にいまりちゃまがごはっちゃけあそばす。女の子はエレガントに!(☆∀☆)キャー

 逆光がちょっと癖になってきてたけど、後頭部真っ白はさすがに、と軽く反省。逆光メインの写真ならともかく。

 それにしてもスカートでかいよね。実際我が家のささやかな撮影ブースには入りきらないし、ちびっこ4人分くらい余裕で占拠してる。さすがは悪名高きクリノリン(笑)*2。これよりほんの少し前に何かの直感に憑りつかれた七津はなぜか平日の熱帯夜にメタルラックと汗みどろの格闘の末にお人形の安置スペースへ大きな余白を生み出したのだけれど、このためだったんだね。作業スペースのつもりだったのにね(T∀T)

 

女の子はエレガントに。

 おんにゃのこはあえれがんとにってぇぇいっただろぉおおおお!!?(混ぜすぎ危険

 少佐にサイド縦ロールとスク水レオタード装備は、うん、そうだ、草薙少佐に替わってもらあダメだあっちはメスゴ(電脳の焼き切れるSE

 

 ああ、ホント長くなったわいまりちゃんファーストバースデイ。まともな更新3か月ぶりくらいだし、カメラの話もはさんだし。いやはや、服の話と並行しようとすると、わりと無理だったわ(;=∀=) かなめちんに出張してきてもらう羽目にもなって、その分さらに長くなってるし。

 まだ正直ね、インスタでフォロワーさんに言われた、さあ次はレンズ沼だ、がわりとやばいって話もしたいんですがね。ズームレンズ便利だよなあとか、もっと画角広いの欲しいなあとか、同じF値でも写りにこんな違いがあるよとか比較してくれてる記事なんかを見ておおーとか、最初のレンズをどうするか調べる過程でどうもすでに片足突っ込んでる感あるんですよねー(; ̄口 ̄)ハヒー

 しかし一応この記事はメインいまりちゃんなので、このへんで〆です。

 

 そのいまりちゃんですが、言うまでもなく2年目も大いに活躍していただくつもり。

 七津の趣味はね、やっぱり小さい子なんですよ。ってダメだね、言い方がヤバいね(;^ω^)。いやだから小さい子ばかり増えてるんだけどね。ともあれね、それでも大きい子が一人いると、なんだかすごく安定感あるんです。

 先にも書いたけど、スタイルがいい子はとにかくおしゃれのさせ甲斐があって楽しい。気が付けばこの一年で我が家のトップアイドル・ねりちゃんに匹敵するくらいお金かけちゃったんじゃないかな。少なくとも衣装の数だけ見て誰とも着回しできないことも踏まえれば間違いなくぶっちぎってマスし。まあそれは流れてる品数自体の差もあるんですけどね。DD界自体大きい子が主流っぽいので。ヤフオクなんかではガチで身構えて自制しないといまりちゃん用の服だけで月々のドール予算が吹き飛んでいきます。最後に黒字を見たのはいつだったかな(白目)

 そもそも昔から女子・女性のおしゃれには興味ありまして、ってこんな話始めるとまた長くなりそうなんですが、とにかく、七津は性的にもmaleだと自負してはおりますが、男女の服飾の多様性の差には軽く羨望じみたものを持っています。だから『SEX and the CITY』とか大好きね。そんな中で目の前にとても魅力的な素材が現れてですよ、情熱を注がないわけにはいかないってなわけです。

 まあしかし実動に関して相変わらずのんびりしているというか、果てしなく遅いですからね、例によってまだ袖も通してない服が棚にずらりと並んでるわけですよ。一点モノなんかは作家さんに大変申し訳ないんですが、この未使用分だけで普通に一年もっちゃういそうな気配でして。むしろちゃんと使い切れるように、うちで唯一無二の50センチクラスと頑張っていきたいと思います。なんか雑な抱負みたいになりましたが、じゃあちょうどこのへんで。敬具敬具。

 

【おまけ】

 お守りがわり的なやつ

 画像編集で遊んだすぐ後に深夜のテンションで作ったやつ。仕事はやっつけだけどうちのショボいプリンターがほどよく画像を劣化させてくれたおかげで、いやに満足いく仕上がりに(笑)

 くつしたの中に入れとけば気分は夢追い人。結末は遺灰じゃなくてたぶん海の藻屑。待っててくんろぉ、きれえなべべさたぁんと買えるようになって帰ってっくっかんなぁー。やっぱ荒野で砂になってるかもしれない。いずれにしろ残ってるのはこの写真だけなんだなあ。ぽぽん(人´ω`)

 

 

*1:背景の子はモニター比によっては見えません。

*2:厳密にはこのドレスのはクリノリンもどきで、フラフープみたいな円形の骨が水平にだけ入ったペチコート。なので上下には蛇腹のごとくしぼませられて、しゃがんだり膝立ちしたりは背もたれのない椅子に座ったりは可能。