case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

女優と魔導士のトリックコンボ

 年明けにプリズム入りの乱視矯正眼鏡に買い替えてからめちゃくちゃ調子がいい。目の調子というより眼精疲労からの偏頭痛、肩こり、吐き気等の長年苦しんできた不調という不調が全部収まっちゃった。もちろん無理をすれば(7時間くらいぶっ通しでTVゲームとかすれば)ぶり返すけど、それだってどんなにひどくても寝れば治ってるから笑えない。ブルーライトはよく言われてるけど、右目と左目で片方ずつ見たとき視界がズレる、特に縦か斜めに、って人は老若問わずプリズム入れれば世界が変わるよ。若いうちから眼鏡頼りだとさらに目が悪くなるっていうのはもう古い考え方らしいから*1。若いからって何でも闇雲に無理をさせた方がいいって思想にはやっぱり腹しか立ちませんわ。

 

 という関係ない前置き。七津が怒ってんのはいつものことだから気にしないで。

 

 じゃあやっていきましょう、こないだお預けにした新顔2名(2015冬イベKID DELFとMDDアルル)の紹介記事。お盆休み中にそこそこ撮ったからね。枚数早くもマル・かなに追いついてるし(笑)。

 

 とりあえず"ガッさん"から。

Flickrと仲直りしたアガサたん

 Lutsからの方から来ました! 2015年冬イベント限定のKDFヘッドちゃんです。いえーい。

 この子はアレです、今ブログの背景やってる子ですっていうのもありますけど、そっちじゃなくて、去年の11月あたりの記事で一瞬触れて、血迷いかけた七津がすぐに我に返ったはずだったやつです。なんていうかですね、結局注文したよね。

 えー、七津の冷静さと解きまして蓬莱の玉の枝と説きまするぅ、その心は以下略。言わなくてもわかるレベル。

 

New face, Agatha! (May 16, 2016)

 だだだだってかわええやん!見てよこの吸い込まれそうなおめめ!どことなく蠱惑的ながら落ち着いた面持ち!掃除機みたいじゃない!?(失言)

 や、いや、まともな言い訳をさせてくださいお願いしますっ。昨年のあの時期に、興味持ちついでにLutsドールの特にKDFことKid Delfのラインナップをざっと眺めてみたんですよ、ええ。するとですね、このイベントヘッドちゃんって通常のラインナップにある子たちとと結構メイクの毛色が違ったんです。非限定のラインはだいたい平均的にもうちょっと彫りが深めだったり、唇厚めだったり、SD寄りとでも言いますか、とにかく、しかしこの子は違う、違うな、と思ったわけです。はい、それだけです。コロッといきました。スイマセンでした!

 

アガサたーん

 反省はしている。後悔はしていない。反省はそのうち活かされるでしょう。そのうちといったらそのうちよ(* ̄ロ ̄)

 お名前はアガサたん(Agatha)。デフォがなかったんで自分でつけました。愛称がガッさん。うちで三人目のキャストドール。肌色、褐色と来て、今度のはめっちゃ白い子です。うわさには聞いてたけどLutsの白肌マジで紙みたい。

 

 そして注文時期には差があったのになぜか結局ほぼ同時に続けざまにボークスさんから新春新作MDDをお迎え!

ぷよぷよのひと (May 22, 2016)

 アーッルッルゥー!

 MDDアルルさんをお迎えしました。しちゃいました。反省はしているけど後悔はしていないけど反省はいつかきっとそのうちたぶん!聞き飽きてホラ!(要請)

 

 いやー、わりと真面目にこの子も「いつもと違う」と思ったもんで。なんやかんやで初のボークス純正MDD。MDDはこれまで正規で食指動く子全然いなかったんだけど、この子はわりかし顔立ちがはっきりしててかわいいなあと思いまして。

 正直アルルに似てるかどうかはどうでもよかった。だってぷよぷよマトモにやったことないんだもんっ。 

いらっしゃいませアルルさん

 そうは言いつつデフォのOFは「片乳アーマーじゃない!」という原作古参ファンじみた理由で袖も通さずに売り飛ばしましたがね(なんでや!?)。ウィッグはまだ持ってるけど今思えばそれも使い道ないかも。

 まあ原作云々言うなら、そもそもアルルさんは公式でB80クラスなのでM胸どころかL胸で充分通用するお方なのですが。ていうかMDDですらないんじゃなかろうか。16歳じゃぞ!?

 

 ちなみにここでつけてるウィッグはいまりちゃん用に買い溜めてたやつ。要はあり合わせでなんとかしっくり来たやつ。

 後からインスタやフリッカーなんかでチェックしてみると、どうも長髪なんかよりショートとかおかっぱとかの方が安定するらしいですね。確かにぐうの音も出ないほどのベビーフェイス。ていうか同じドール持ってる人が世にいるとこういうメリットもあるんですねえ。

夏アルル

 というわけで、おさげ!

 姫カットおさげって言えばいい? 普通にショートだけ真似しちゃうのも面白くないので尻尾をつけてみた的なノリ。面のシルエットだけショート。“小さなドール用ウィッグのお店”の品で、元はもみあげがアゴの下でくっつくくらい長くてビビったんだけどね。あれは自分で切って調節するのがデフォなんだろうか。

 

 あ、このおさげアルルのところから一眼デビュー後の画像になってます。以下、その写真を貼ってくだけ。文字は減っていく模様。

 

他のこの私物

 いまりちゃんの私物を拝借。

 6畳の私室のシーリングを8畳用のLEDに替えたので、より撮影がはかどるようになりました。明るい!

 

いのせんぱらだい

 といいつつ反省のない逆光厨。構図のことしか考えてなかったよ。特にどこのとは言わない。いつかいきたいむじゃきのらくえん

 ところで「アルル・ナジャ」ならL胸で通用すると書きましたが、うちのアルルちゃんはS胸で行きます。L胸とM胸がすでにいるからでもありますが、普通にS胸が似合うと思います!(力説)

 

ノースリーブがっしゃん

 アガサたんもX-T10でパシャリ。アンド夏服。夏っぽくはないけど腋。

 

ヒョウ柄がっしゃん

 ちなみにアガサボディは数種選べるKID DELFボディからRomantic bodyをチョイスしてます。どこがどうロマンチックなのかといえば、ロマンが詰まるべきところにいっぱい詰まっている感じなんだ(熱弁)。いやーご無礼でなければLutsの中の人のことを「なかなかの紳士」と呼ばせていただきたい。

 冗談はさておき、結果的にアガサちゃん、取り寄せたアイや髪形のせいもあるかもだけど、カタログ写真よりはるかに大人びたお顔立ちでちょっとビビるくらいだったから、KID感のないボディも正解だったんじゃないかな~。

f:id:nanatsuhachi:20151129001637j:plain

 ↑↑↑カタログがこう。やや内気そうで可憐。

座りポーズ

瞥

  なんというか、悠然。女優さんみたいだよね?

 

アガサは温泉にいきたい

 女子力の高そうなポーズ(両手持ち)をさせてみても、ギャップが魅力的に感じられるレベル。かわいい~!(親)

 まあでもやっぱり前髪効果もありそうね。いろいろ試してみないとね。同じ7-8インチクラスのリエちゃん用やマルちゃん用として取っておいたウィッグはことごとく似合わなくてここにたどり着くまでめっちゃ手間かかったんだけどね(汗)。

 

茶ルルもあるる  

 また髪の話し始めたところで再びアルルちゃん。あいやこれは茶ルルちゃん!?なんちて(=▽=*)

 パステルグリーンへの冒険も上々の成果で面白かったけど、やっぱりアイと色を合わせた方が安定感あるかなー、と思って別口で取り寄せておいたやつ。ダブルおさげは外さない。

 

こっちでいきます♪^^

 ぐぅっ、と上目づかい。

 こっちの方が服の選びがいはありそうね。おかっぱグリーンが許されるのは大方このワンピだけな気がする。

 

茶ルルもいいね!

 おすまし!

 どこまでもベビーフェイス。果てしなくベビーフェイス。

 でも天使というより下町少女っぽい素朴なかわいらしさだと思うのは七津だけ?お部屋でちょこんと座ってるよりお外で飛び跳ねてるが似合いそうというか。

 

焼きおにぎりもあるる(突然)

 そうだね、焼きおにぎりだね(結論)

 

涼感あるる

 むじゃきのらくえんパート2。いやいやこのワンピ裾の方はたっぷりでもっさりしてて暑そうなんでホラ(勧誘)。

 

 それにしても撮ったなあ、最近の七津にしては、この短期間にと思うくらいには。焦点だけでも思ったように合わせられるかといえばまだまだ自分の技量がおっついてないことを痛感させられるものの、バチッと合ってる画を確認できたときの感動は、確かにスマホ時代には味わえなかったものですよ。ってカメラの話になってますね。せっかくのお迎え記事なのだからお迎えした子たちの話をしないと。

 

 えー、というわけで、ついに7人になりました、我が家の大きいお人形たち。まさに七人のこびと。つまりアイアムスノーホワイト。な、なんだってー!?

 そして自慢じゃないけどうちの子たち、今のところ(同スケール内では)キャラかぶりが一切ない。自慢じゃないけどと言いつつ七津、達成感のせいでドヤ顔がやめられない。

 いいじゃない、一人ひとり性格が違うってことは愛で方も一つとして同じじゃないってことなんだから。これは誰のため、あれは誰のためってはっきりしてる方が愛でてる実感も持ちやすいでしょ?

 とは言いつつこの度のニューフェイスお二人は毛色は違えどどちらも明るい表情をお持ちでらっしゃる。思えば、ねり・リエはどことなくアンニュイで落ち着いてるし、マル・かなは俄然イノセントと、ほぼ同時期お迎えの子たちって似てないのに大きめの共通項があるっぽい。これって七津の心境が影響してる? そんなことより二人同時お迎えが慣習化してる方に戦慄を覚えるけどさ。いやそれはドール歴のいっちゃん最初からだから今更か。

 とはいえやっぱり毛色は違うお二人。小悪魔系女子って感じのアガサたんと、無邪気な元気っ子のアルルちゃん。活躍させ甲斐のある子たちが続々増えて、最近の七津マジほくほくっす(* ̄ロ ̄)うふあー

 

ついで 

 あ、ちなみに、本当はある意味8人目をお迎え済みだったりします。

 えーと、アガサちゃんヘッドの入手方法が、Lutsの商品を一定金額購入することでもれなくプレゼント(メイクは別料金)、というものだったんですね。で、その一定金額を満たすのに、同じKDF一体お迎えするのが手っ取り早かった、と。しかもお迎えをすればその子のボディもそのままいただいてしまえるのだー、とどこぞの金髪吸血鬼のようだけど誰でも思いつくからシビレも憧れもされないアイディアを平然と実行してのけ、結果としてKDFの白肌BASILの生首が現在七津の家には丸々一戸転がっている、というわけなんですねえ。

 で、この首だけ残ってるジョナサンもといBASILっちの処遇ですが、正直なところまだ決め切れてないんですよね。いや、一応ちゃんとお迎えするつもりで料金上乗せでメイクまでしてもらったんですが(女の子メイクがあんまりピンと来なかったので男の子メイクになってますが)、いざとなると自分のモチベーションに疑問が出てきまして。いわば、ついでのなりゆきのなし崩し、みたいな感覚のまま、ボディを買い与えてうちの子にしてしまって、果たしてお互いに幸せになれるのだろうか、みたいな。うーん、客観的に見れば、なんだか七津が蘭姉ちゃんを落とすために園子姉ちゃんに近づいて成り行きで行くところまで行っちまいながら園子姉ちゃんを捨てて蘭姉ちゃんとゴールインしようとしているマジ最低野郎の服部に見えるかもしれない(名探偵への熱い風評被害)。いやいや、別にボディ代ケチりたいわけじゃないんすよー。かといってー、ショーライ的に愛で続けてくためにはぁ、お迎えのモチベってやっぱダイジじゃないっすかあ?

 ムカつくな、服部。こんなキャラだっけ?やっぱうちの子にしよ。

 

 まあ、まださらに人でなしを重ねることを許してもらえるなら、フルセットそろえてみたら手のひらクルーなんてこともよくあることだと言っておきます。ていうか付属してきたアイがかなり微妙だったのよね。もしかしたらそんだけのことかもしんない。

 今はちょっと余ってるアイがないのでまだ眠っててもらいますが、どうせ近いうちに機会があると思うので、試せることを試してみてから腹を決めようと思います。では。

 

 

*1:眼球において焦点などを調節する筋肉は負担をかけても鍛えられない種類の筋肉。だから充分な矯正を行わないことで目にかかる負担は実質無駄なもの。むしろ眼精疲労等の誘因・悪化、ひいてはそれによる視力の低下といったデメリットの方が大きい、という考え方。