case.728

映画とお人形ばかりで恐縮です

週末こそ走れ(2017年11月マイ週末まとめ)

f:id:nanatsuhachi:20171125231842j:plain

スパイスたっぷりのクリームシチュー(手羽)

あーあー言ってる間に10月も11月も終わっている。まあそれはいい。頭のなかに理想を用意することで我々は現実を評価している気分になれるが実際は現実を見て己の理想を再評価しているにすぎないあたり理想というものは特段腹の足しにはならないものだ。果たしてある期間にどれくらいのことができたかよりもその期間を自分にとってどれだけ充実したものに変えられたかのほうが大事ということになる。問題はここ数ヶ月ほどの各週末を果たしてどのように過ごしたのか記録をつけていなければ現実を見るも何もないということだ。

だいいち飯の献立からレシピから何から何まで記録しようとするからオーバーフローする。自分の栄養状態という名の”現実”を認知するためにも必要なことではあるが、それにはおそらく100均で日記帳を買ってきたほうが効果的なのだ。たまにゲーム三昧で終わる週末があってもいいだろうが同じことをやったのが2週間前だったか3週間前だったかで自分を許せるかどうかも変わってくる。愛媛パン屋巡り遠征の予定は何度先送りされたのか。同じようにしてフェードアウトしていった予定を正直思い出せない。というか先月の各週末をどのように過ごしたのかすらすでに思い出せない。何か似たような小説を昔読んだがあれは闘病の話だ。七津は自分の日常に革命を起こさなくてはいけない。とにかく記録、記録、case.728だ。文字こそ本文であり、写真なんぞもあまり時間をかけて偉そうに選ぶべきではない。

f:id:nanatsuhachi:20171126155150j:plain

ひとまず今週末は今年度初有給を使ってシルバーウィークを錬成し高知へ帰ってきている。ちょうど祖父の命日も兼ね。

 写真は土曜に遊びに行った安居渓谷。ペン吉を連れて飛龍の滝まで。紅葉狩りには一足遅く、景色のいい場所には裸の木ばかりが並んでいたが、紅い落ち葉で彩られた岩場の情景はまだ見応えがあった。薄曇りで日差しも弱々しかったが枯れ木で賑わう暗く静かな渓谷を撮るにはむしろよかったのかもしれない。

昼食は渓谷のペンション付レストランにて鮎の塩焼き定食。川魚の丸焼きは久しぶりで、一瞬サンマのようにほじって食べようとしかけたが、頭からかぶりつけばいいのを思い出すのにそうはかからなかった。薑及び白米との食べ合わせがやはり最高にうまい。

f:id:nanatsuhachi:20171126160739j:plain

野撮には初めてアイリを連れ出したものの、bunnybunnyのボディではポージングの練習をしていなかったのを思い出して、渓谷の駐車場のそばの人気のない公園でだけおすわり撮影。球体関節のキャストドールはソフビのように好きな角度で関節を固定しづらいので事前の練習とストリングの調節がやはり必須だ。この日のために揃えたロックコーデだが帽子を出さなかったことも含めいろいろと見送りとなる。

戻りは迂回路を利用。紅葉シーズン時の帰路はそっちを使ってほしい(基本的に離合困難な一車線なので)と指示があったためだが、合流までまさか10km近く走らされるとは。対向車が来る可能性が極めて低い道とはいえやはり隘路。見通しの悪いカーブの連続する山肌の道でもあり、結局対向車を警戒しながらでないと走れはしない。それをおよそ40分。夕方付近なら下りの車しかいなかっただろうしシーズンも終わりかけという希望的観測に従って往路を引き返したほうが得策だったかもしれない。

f:id:nanatsuhachi:20171126164204j:plain

珈琲館おおぼけ

写真はおおぼけのケーキセット。抹茶パウンドにブレンドコーヒー。

さかのぼって、水曜日、22日だが、半休が取れたのでそのまま午後から下道でゆっくり帰省。ただし結構な雨。県8号で徳島へ抜けるのを取りやめて、たからだの里経由で迂回したが、昼食予定だったパン屋のレッドフォックスが水曜定休なのを忘れていたり雨でペン太郎の休憩を満足に取れなかったりとわりと散々。トドメは大豊から南国への下りでペンがおえっぷしたこと。最後の食事が10時間前で完全に油断していた。まだまだ勉強不足だわ。

木曜は墓参りだの何だの。ついでに婆様たちのおごりで廻る寿司などいただかせていただく。あとは弟二人とだべったり弟1号の買ってる漫画の新刊を読み漁ったり。晩はその弟が中華三昧を食わしてくれた。彼は本業なので素早く数品作れて当然旨い。

金曜午前はペン助の予防接種。7種混合で7500円くらい。去年のことをあまり覚えていなくて勝手に5000円台で想定していたので懐が軋む。ていうかワクチンくらいならこうやって帰省したときでいいけど、今住んでる場所で駆け込める場所をそろそろ考えなくてはいけないなんて考えながら。

同日午後は弟とイオンでウインドウショッピング兼昼食。七津は街歩き程度の軽いカバンがほしい。まだ買わないけどその下見。弟は灰皿がほしいからビレヴァンへ。出不精の彼は自分の運転で郊外のモールまで買い物に行ったりしないらしい。まあ七津も大概ネット通販だが。

昼食はイオン内にあるパン食べ放題の洋食店。パンがなければしねばいいじゃないが口癖(嘘)の七津にとってはパンらダイスのような場所だったが勢い余ってパン食べ放題付きのパスタを注文して炭水化物祭りになってしまった。デブが近い。帰る前にスタバにも立ち寄る。ドリップコーヒーとアメリカンワッフル。どのへんがアメリカンなのか考えている間にシロップ等を探し忘れていたがプレーンでも美味しかった。アメリカはすごい。

土曜はさっき書いた。あ、帰りに久喜沈下橋に寄って、ついでに屋根の上のガチョウでお茶したんだった。久喜橋は去年同時期に行った記憶がおぼろげながらなんとなくそんな気がしてたけど、少なくともこの時期は夕日が当たらない。実際16時くらいだったが暗くて面白くなかった。先述のロング迂回路もあってドッと疲れたため、屋根の上のガチョウではケーキ3つを雄々しく平らげる。そういえば道の駅くらうどに寄って職場への土産を買う予定だったが結局別の道を通ったので何も持っていない。まあ戻りに南国の道の駅に寄ればいいか。

そんな昨日の今日なので今日は特に何も。弟も連勤が入っている。フレームの調整にメガネ屋に行こうかと思っていたが調子がいいようなので面倒くさくなってしまった。こなした予定は散髪に行ったくらいだ。香川で行きつけを作るのが面倒なのと月に一度は帰省するのをいいことに子供の頃からの馴染みの店へ通っている。マスターが小粋で江戸前な匂いのするいい人なのだ。一度脳梗塞で倒れて指先に後遺症があるらしいが腕に衰えは感じない。現役のうちは通うだろう。

天気が悪いのは知っていたので牧野植物園か県立美術館に行きたいとは思っていた。何か目当てがあるわけではないが、住んでいる場所の近くには美術館も水族館もろくにないのだ。秋の牧野はなんとなく楽しそうな気配がする。冬にも冬の面白さがあるのではないか。

ダラダラ書いているうちに今週末だけでわりとまとまりのある記事になりかけている。完璧ではないがそこそこ充実した連休だった。しかしこれで終えてしまうとこの記事の本分を忘れることになる。11月の充実度を図る各週末まとめだ。無駄に長くならないようここからは箇条書きにしていく。

f:id:nanatsuhachi:20171126191307j:plain

鶏のコトレッタ
  • 3〜5日

10月上旬以来の3連休……だったがほとんど家で自堕落に過ごしてしまった。この時か10月の連休の時点で防寒用の衣類を実家から持ってきていれば多少は違ったかもしれない。また2日の晩の同僚との飲みもよろしくなかった。詳細は伏せるがどうも合わないのでそろそろ遠ざけたい相手の他にもう一人がいて後者に義理立てて出ていったのだが、蓋を開けてみればそちらの方が致命的な問題児だったという次第。七津は飲むと途端に寛容になって無駄な協調性を発揮し始めるのが悪い癖。突っぱねるべき場所でやたら器の大きさを見せようとする。そして記憶をなくさないので酔いが冷めてから非常に後悔する。もう次に飲もうと言われたときには確実に断らなくてはいけない。飲まずにやっていけないような酒は飲まないに限る。

  • 11・12日

土曜は家のことをしていたが日曜は確か趣味のパン屋巡りのために塩入まで行った。麦っ子という畦道を辿ったところにある小さなパン屋だが、食パンを始めどのパンも非常に美味しい(驚くほどふわふわで優しい味。おそらく米粉を使っている)。がしかしこの日は自治会のイベントだが何だが知らないがそちらへ出店していたらしく店舗の方は閉まっていた。無念に肩を落としつつ、代わりにそこから少し北上したところにあるベーカリー・カレンズへ。そちらは人気店で停めづらいはずの交差点沿いの駐車場に週末はいつも車がひしめいているためまだ一度も入れたことがなかったが、この日はちょっと無理をしつつも駐車に成功。中に入るとたしかに美味しそうなパンが豊富に並んでいたが、何よりカフェと一体になった内装にとても華やかな印象があった。レジの店員さんはちょーーっと愛想がなかったが、お店に活気があって人気なのも頷ける。

f:id:nanatsuhachi:20171126191947j:plain

たからだの里にはこの日2回立ち寄った。ペン氏のお散歩にはちょうどいい上に野菜などの直売市もある。鮎返りの滝にも1度。ただし遅い時間だったのでカメラ映えしない上に寒かった。というかそっちは夏にリエ子を連れて行ったときの写真整理を早くすべきだろう。そして脇にある農道の撮影をいい加減実行しなくては。

  • 18・19日

18日には観音寺にてパンストリートなるイベントがあった。香川はもちろん愛媛などからも多数パン屋が集まって商店街で出店を連ねる一大パン屋イベント。ノーパンノーライフ(誤解を招くフレーズ)な七津が行かないわけにはいかないはずだったが、どうも本格的に寒さにやられたらしく、足元の悪さも手伝って結局見にも行けなかった(田舎のイベントなため買い占めなどの問題が去年はあったらしいが足元の悪さでその点も緩和されていたかもしれないにもかかわらず)。後で調べなおすと当日限定パンや愛媛宇和島からの出店もあったりして慙愧の念に堪えず。

代わりと言っては何というか失礼だが19日は先週開いてなかった麦っ子へリベンジ。パンストにも確か不参加だったはず。お昼時で今度はお客さんでいっぱいだったが、お目当ての食パンは運良く一斤だけ余っていた。さらにくるみパンが絶品であることを新発見するなど。

で、同日はそこからたからだの里に戻って蜂蜜を買い、さらに32号線を伝って徳島へ。前々から考えていた”給油遠征”である。何を隠そう徳島のガソリン価格の安さは全国3位。香川は高知よりも10円安いが徳島はさらに7円くらい安い。ここ2ヶ月ほどで原油も高騰しまくりだし、デミオくんの燃費なら山一つ越えて給油しに行っても余裕で黒字のはず。行かない理由はどこにもない。ただしそれは、香川より安いのは美馬市より東の方だけだと知らなかったからさ。

マジで愕然とさせられた。徳島西部の三好市はもとより、中部(北部)に位置するつるぎ町付近まで来ても観音寺の方が安いのだ。結局頑張って美馬まで行ってようやく観音寺最安値より7円安のスタンドを見つけたが、セルフのノンブランドでしかも現金払い。デミオくんの性能を信じるなら往復の走行距離でもまだ黒字だと思うがたぶん数十円程度。というか先述の通り寒さ疲れを呈してきている七津は体のほうが財布より先に音を上げてしまうそんな走行距離。一度行きたいと思っていた美馬のうだつの町並みにまで図らずも手が届きながら、天気の微妙さも手伝ってカメラを出す気にもならず、最後はほうほうの体で帰ることに。あ、道の駅で食べた半田そうめんの釜揚げはすごいおいしかったのでよかったと思いました(作文)

 

f:id:nanatsuhachi:20171126192144j:plain

 11月の週末記録は以上。10月はすでに思い出せない。上記も全て書き出してみるまでおぼろげになりかけていた。そして3週連続でたからだの里に立ち寄っていることにも気づかない。不可抗力とはいえ少々呆れる。そして行くのいいがいいかげんそばの農道の写真を撮るべきだ。ベルンハルト氏に紹介したいようないい道なのだから。

そして来週末をどうするか。書き出してみていつものあのパン屋に今月一度も行っていないことを思い出したりもする。あるいは冬に行くと良いスポットがないものか。パンストリート参加店を愛媛まで訪ねに行くのもいい。今度こそうだつ目当てに美馬市へ行くのもいいだろう。同様に足を伸ばせば香川に現代系の美術館がないわけじゃない。何やら現役人形師の人形館などもあるらしい。今度の帰省で防寒着は十分に揃うはずなので、新たに気合を入れていくのも悪くない。だいいち週末などあっという間なのだ。それを理解するのには20年もかかるまいが二十数年もかければそのあっという間のうちの一分一秒を無駄にしないなんてことは自分の精神どころか肉体までもが許してくれないのだと実感できる。使える時間の中でも有意義に使える時間とはどうにも限定されているのだ。そのロスを取り返せるほどの余裕はどこにも存在しないがロスは確実に蓄積していく。焦燥に押しつぶされたくないなら、がむしゃらに充実を求めなくては。